actions

クレオパトラー

クレオパトラー古希: Κλεοπάτρα, Kleopatrā)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してクレオパトラとも表記される。同名の女性が複数おり、主に、

が知られ、他にもダナオスの娘、トロースの娘が知られている。

ボレアースの娘

この女性はアテーナイエレクテウスの娘オーレイテュイア北風の神ボレアースの娘で、キオネーゼーテースカライスと兄弟。ピーネウスの妻で、2子プレークシッポスとパンディーオーンの母。

クレオパトラーの息子たちはピーネウスの後妻イーダイアーが2人に犯されたと讒言したため、ピーネウスによって盲目にされた。

系図

テンプレート:パンディーオーンの系図

メレアグロスの妻

この女性はイーダースマルペーッサの娘で、メレアグロスの妻、ポリュドーラーの母。両親からアルキュオネーあだ名で呼ばれ、ヒュギーヌスはアルキュオネーの名前で呼んでいる。

メレアグロスはすでにクレオパトラーと結婚していたが、アタランテーに恋をしてカリュドーンの猪毛皮を彼女に贈ろうとし、母アルタイアーの兄弟たちと争って殺してしまった。メレアグロスはこれが原因で命を失い、クレオパトラーはアルタイアーとともに後を追って自殺した。

ロクリスの女性

この女性はロクリスの出身で、トロイア戦争後、ロクリス人が女神アテーナーに許しを請うために最初にトロイアに送った女性の1人。

トロイア戦争に出兵していたロクリス人は国に戻ったが、3年後ロクリスに疫病が流行り、多くの犠牲が出た。原因はアテーナーの呪いで、神託によって千年間2人の処女をトロイアに送ることになった。ロクリス人はくじを作り、クレオパトラーとペリボイアがくじに当たった。

彼女たちはトロイアに着くと人々に追い回され、神殿に逃げ込んで女神に仕えたとも、殺されたともいわれる。

参考文献

関連項目