操作

インノケンティウス6世 (ローマ教皇)

インノケンティウス6世
教皇就任 1352年12月18日
教皇離任 1362年9月12日
先代 クレメンス6世
次代 ウルバヌス5世
個人情報
本名 Étienne Aubert
出生 1282年
Flag of medieval France.svg フランス王国リムーザン、ベサック
死去 1362年9月12日
教皇領 アヴィニョン
その他のインノケンティウス

インノケンティウス6世Innocens VI, 1282年 - 1362年9月12日)は、アヴィニョン捕囚の時期のローマ教皇(在位:1352年 - 1362年)。

フランス出身で、本名はエティエンヌ・オベール(Étienne Aubert)。元は法律家で、トゥールーズで大学教授、判事をしていた。

1353年、インノケンティウス6世は、かつてローマ護民官アヴィニョンに捕らえられていたニコラ・ディ・リエンツォ(通称コーラ)を釈放した(ペトラルカの助言があったという)。アヴィニョン捕囚後、教皇領内も分裂していた為、1354年、コーラとジル・デ・アルボルノス枢機卿をイタリアに派遣した。コーラは政情不穏な状態にあったローマに戻り、市民の歓呼の声を浴びて市政を担当する。しかし専制的な政治を行った為、間もなく民心は離れ、暴徒と化した群集が押し寄せ、コーラを殺してしまった。

一方、元軍人のアルボルノス枢機卿はフィレンツェで軍勢を集めて教皇領を平定し、教皇領の代理教皇に任命された。