actions

アーグラ

テンプレート:Infobox Indian Jurisdiction

ファイル:AgraFort.jpg
アーグラ城塞
ファイル:Taj From Agra Fort.jpg
アーグラ城塞から眺めたタージ・マハル

アーグラヒンディー語: आगराウルドゥー語: آگراアーグラー英語: Agra アーグラ)はインドウッタル・プラデーシュ州に属する都市。同州最大の都市で、2011年現在の人口は約157万[1]アーグラーアグラとも表記する。世界遺産に登録されているタージ・マハル廟、アーグラ城塞があることで知られる。

地勢・産業

ガンジス川最大の支流であるヤムナー川沿いに位置する都市で、古代より交通の要所として発展した。周辺地域における政治、経済、文化の中心。世界遺産にも定められているタージ・マハルなど多くの観光名所があり、多くの観光客が訪れる。近隣の都市としては、約180キロ北にデリー、220キロ西にジャイプル、300キロ東にラクナウが位置している。

歴史

古代叙事詩の『マハーバーラタ』において、アグラヴァナ(अग्रवन:「前方の森」の意)と表記されていた。3世紀プトレマイオスが制作した世界地図にも、その位置が記されている。1475年頃に、ラージャ・バダル・シングによって現代のアーグラとなる都市が設立された。

16世紀初頭、最後のデリー・スルターン朝であるローディー朝がこの地に都をおいた。ローディー朝を倒して1526年ムガル帝国が建てられるが、その3代皇帝であるアクバルの時代に都として定められた。5代皇帝のシャー・ジャハーンは、愛妃ムムターズ・マハルの死を嘆き、この街にタージ・マハル廟を建てた。

19世紀よりイギリスの支配下に入り、植民地統治の拠点の一つとなる。1927年にはアーグラ大学が建てられた。

観光

世界的に知られるタージ・マハルのほか、ムガル帝国3代皇帝のアクバルが建てたアーグラ城塞ファテープル・シークリーと3つのユネスコ世界遺産に登録された遺跡がある。

交通

アーグラ出身の著名人

脚注

  1. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「citypopwg」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません


外部リンク

テンプレート:インドの100万都市