actions

新玉名駅

2018/9/7/ (金) 21:48時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

新玉名駅(しんたまなえき)は、 熊本県玉名市玉名にある、九州旅客鉄道(JR九州)九州新幹線鹿児島ルート)のである[1]

玉名市の代表駅である鹿児島本線玉名駅から4km北東の位置に離れた場所にある新幹線単独駅で、玉名駅への移動はタクシーバスを用いる必要がある。なお、玉名駅とは選択乗車が可能である。

歴史

駅構造

相対式ホーム2面2線を持つ高架駅である[1]。通過線がなく、安全のために可動式安全柵が設けられている 直営駅でみどりの窓口がある。改札口には、自動改札機が設置されている。 出入口は、南口と北口から出入りできる。

駅舎

2006年6月、玉名市は歴史と文化に基づいた、やすらぎ・ぬくもり・あたたかみのある、近代的な駅舎ではない「森の駅」にして欲しいという要望を鉄道建設・運輸施設整備支援機構に提出している。これは市や県、市民、有識者、関連団体による検討会によってまとめられたイメージである。また、翌07年2月には同機構が作成した素案に対する市民の意見を募り、これに対して12人から22の意見が寄せられた[3]

2007年5月30日、鉄道建設・運輸施設整備支援機構により、駅舎デザインが発表された。鉄筋コンクリート2階建の駅舎は木立をイメージしたもので、市側がかねてより要望していた温かみのある「森の中の駅」のコンセプトとしている。ガラス張りの壁面上に木材で覆われた鉄骨が規則正しく配置され、木立の間から光が差し込む森を演出したほか、駅の出入口には蔵や石橋等を採り入れ、歴史遺産を感じさせるデザインとなっている[3]

のりば

のりば 路線 方向 行先
11 ■ 九州新幹線 上り 博多新大阪方面
12 下り 熊本鹿児島中央方面

駅舎内の売店・案内所・駅レンタカー営業所

  • キヨスク新玉名駅店
  • 観光ほっとプラザ・たまララ(土産・売店)[1]
  • 観光ほっとプラザ・たまララ(案内所)[1]
  • 喫茶「たんぽぽ」薬草料理
  • 駅レンタカー新玉名駅営業所

駅弁

「観光ほっとプラザ・たまララ」で以下の弁当が販売されている。

  • 玉名まるごと四季彩薬草弁当(日本料理たがみ)
  • 山菜とりめし(日本料理たがみ)
  • 山菜寿し(日本料理たがみ)
  • 南関揚げ巻き寿司弁当大蛇の瞳(創作和食ダイニング善)

駅周辺

玉名市街地の北東、菊池川の右岸に広がる田園地帯の一角に駅が設けられた。駅入口は南口と北口に分かれているが、主たる駅前ロータリーは玉名市街地に近い側の南口になる。駅前には、250台分の駐車場が無料開放されている。

バス路線

産交バスによる運行で以下の路線が乗り入れる。(運行営業所は玉名営業所

  • 31・33 玉名駅 - 新玉名駅 - 南関上町
  • 54 玉名駅 - 新玉名駅 - 山鹿バスセンター(東郷経由)
  • 58 玉名駅 - 新玉名駅 - 山鹿バスセンター(米の岳経由)
  • 52 玉名駅 - 新玉名駅 - 山鹿バスセンター(山部田・下津原経由)
  • 4 九州看護福祉大学線
  • 21 長洲玉名線(バスセンター - あらおシティモール - 長洲港 - 玉名駅 - 玉名温泉 - 新玉名駅

利用状況

2017年度の1日平均乗車人員は636人である[4]

年度 乗車人員
2016年 604
2017年 636

その他

駅名について

一般応募で応募は580通ほどあり、26点までに絞られた。2008年(平成20年)2月、6点までに絞られ、市に報告(新玉名駅・肥後玉名駅・西南之駅・湯郷菊池川駅・玉名温泉駅・新たまな駅の6つ)。同年3月、市が新駅名6候補をJR九州に提言。同年4月にJR九州は、新玉名駅を正式名称として決定した。

隣の駅

九州旅客鉄道
■九州新幹線
新大牟田駅 - 新玉名駅 - 熊本駅

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「zeneki33」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  2. 九州新幹線、新大牟田駅などホーム無人化へ 合理化一環
  3. 3.0 3.1 “九州新幹線・熊本、新玉名の駅舎デザインが決まる”. 読売新聞(地域版ニュース熊本) (読売新聞西部本社). (2007年6月24日) 
  4. 駅別乗車人員(2017年度)

関連項目

外部リンク