actions

ベヨネース列岩

2018/8/16/ (木) 11:51時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ベヨネース列岩
座標 北緯31度53分14秒
東経139度55分03秒
面積 0.01 km²
海岸線長km
最高標高 9.9 m
所在海域 太平洋フィリピン海
所属国・地域 日本東京都
地図
ベヨネース列岩の位置
<div style="position: absolute; z-index: 2; top: 構文エラー: * の演算対象がありません。%; left: -400%; height: 0; width: 0; margin: 0; padding: 0;">
テンプレートを表示
位置

ベヨネース列岩(ベヨネースれつがん)は伊豆諸島の岩礁群。東京都に属す。ベヨネース岩礁ハロースとも呼ばれる。欧名は「Bayonnaise Rocks」。東京都の直轄であり、都の出先機関である東京都総務局八丈支庁が所管しているが、どの町村に属しているかは未定の状態である。

命名の由来からすれば「ベヨネー列岩」となるが、国土地理院発行の地形図気象庁の「火山データベース」でもベヨネー列岩を採用している(本稿でもそれに倣う)。

地理

伊豆諸島南部、東京から南に408km、青ヶ島の南約65kmに位置し、3個の烏帽子形の大岩礁と数個の小岩礁から成る。東8kmに位置する海底カルデラ明神礁カルデラ」のカルデラ縁上に位置するが、形成時期は明神礁カルデラより古い。植生はほとんどない。渡り鳥の休息地でもある。

近海ではしばしば海底噴火が発生している。

歴史

1846年フランス海軍コルベット「J・R・バイヨネーズ」が発見、名前はこれに由来する。1896年以降、火山活動による海面異常や海底噴火がみられ、1906年1946年1952年 - 1953年には付近の明神礁で新島も出現した。この新島は青ヶ島からも遠望できるほどに成長した。

1953年10月5日にアメリカの海洋観測船「ベアード号」の調査団長がゴムボートで上陸し、岩石採取に成功する。この岩石は日本にも寄贈された。本列岩は波浪で上陸困難だったことから、波浪の巣という意味で別名「ハロース」とも呼ばれるようになった。

岩(島)の改称

2012年3月15日の東京都議会予算特別委員会の質疑において、吉田康一郎議員(中野区)が、ベヨネース列岩の個々の岩(島)に命名をするとともに、「ベヨネース」という洋名についても、日本語由来の名称を付けるべきと提案した。この折、吉田都議は、列岩の総称に「波浪巣島」「波浪巣岩」、3個の大きな烏帽子形の岩に「北烏帽子岩」「中烏帽子岩」「南烏帽子岩」、小さな岩礁に国に倣って「東小岩」「西上小岩」等の名称を提案しつつ、都民に広く名称案を募り、知事を長とする選考委員会で選定することを求めた。これに対し、当時の石原慎太郎都知事は「大賛成でありまして、責任を持ってやりたいと思います。」と答弁した[1]

脚注

  1. 平成24年 予算特別委員会速記録第四号 吉田康一郎(民主党)”. 東京都議会議会局管理部広報課. . 2016閲覧.

関連項目

外部リンク