操作

RICマート

株式会社ミツウロコグローサリー
種類 株式会社
市場情報 非上場
本店所在地 日本の旗 日本
東京都中央区京橋三丁目1番1号
設立 1992年4月
業種 小売業
法人番号 9290001042211
事業内容 コンビニエンスストアのチェーン本部
外部リンク www.ricricmart.jp/
テンプレートを表示

RICマート(リックマート)とは株式会社ミツウロコグローサリーが九州地区および山口県下関市で展開するコンビニエンスストアである。本項では、当コンビニチェーンを展開する株式会社ミツウロコグローサリーについて詳述する他、同社によるその他の展開ブランドについても触れる。

概要

RICマートは、ボランタリー・チェーン方式をとっておりロイヤルティーが大手コンビニチェーンよりも低い。24時間営業・年中無休を強制しない方針をとっており、深夜や土日祝日などには休業する店舗もある。また、パンや弁当を店で作っている店舗もある。

一時期は630店にまでなっており[1]2001年の店舗数は537店、2000年の売り上げは310億円と九州コンビニエンスシステムズ内のコンビニでは最も規模が大きかった[2]。しかしその後は店舗数の減少が目立ち、2006年11月には新たに10店舗を出店して230店舗体制にすることを経済誌で明らかにしている[3]が、2009年には193店にまで落ち込んでいる。

ミツウロコグループの傘下へ

ファイル:RIC Store.jpg
"RICストア"ブランド店舗の例(別府駅前店/閉店済み)

2015年11月には、翌年4月に株式会社ファミリーマートミツウロコグループへココストアリテールの全株式を売却することが決定、これと並行して2015年時点でココストアリテールが事業展開する食料品店や飲食店など約150店に、ファミリーマートの店舗と立地が重なるココストア系コンビニなど約250店を合わせ、株式会社ファミリーマートよりミツウロコグループへ譲渡することが発表された[4][5]2016年4月15日に予定通り全株式譲渡が実施され[6][7]、ココストアリテールと同社が事業展開するコンビニ(RICマートを含む)、小売店などはミツウロコグループの傘下に入ることとなった。

また、結果的に「ファミリーマート」への業態転換が行われなかったココストアおよびエブリワンの残存店舗(30店舗、共にココストアリテールが事業展開)についても2016年12月を目処にココストアリテールへ譲渡されることとなり[8]、ココストアの本州地区と沖縄県の店舗は「タックメイト」、同チェーンの九州地区とエブリワンの店舗は「RICストア」への屋号(ブランド)変更が同年9月より順次実施されることとなった[9][10]。ただし、同月下旬にはミツウロコグループが旧ココストアの一部店舗について"従来のココストアの名称"に戻す方針を表明したとする一部の報道も出ている[11]

ミツウロコグローサリー

株式会社ミツウロコグローサリー(旧ココストアリテール)は、イズミックを中心としたMICSグループの会社であったが、現在では前述の通りミツウロコグループの企業である(正確には株式会社ミツウロコプロビジョンズの子会社に当たる)。なお、株式会社ファミリーマートと同グループは包括提携契約を結んでいる。

同社はRICおよびRICマート、RICストア、タックメイトといったボランタリー・チェーン方式の小売店事業・コンビニ事業の他、愛知県にて和風カフェ「珈琲古今堂」を2店舗展開(2016年9月時点)している。

沿革

  • 1984年4月 - リョーユーパン本社内にコンビニエンスストア運営本部が設立。
  • 1984年7月 - 福岡市に第1号店がオープン。
  • 1992年4月 - リョーユーパン子会社のコンビニエンス事業会社として、株式会社リョーユーチェーンサポートシステム設立。
  • 1998年9月 - 熊本県RICマートの第1号店がオープン。
  • 1999年11月 - 株式会社コトブキヤ・コンビニエンスシステムズ(後のココストアウエスト)と九州地域スパー本部株式会社と共に九州コンビニエンスシステムズを設立、同社の子会社となる。
  • 2000年6月 - ココストアと業務提携[12]
  • 2000年11月 - 株式会社リックサポートシステムズに商号変更。
  • 2001年6月 - 親会社の九州コンビニエンスシステムズがココストア傘下になった[13]。 
  • 2006年6月 - 九州コンビニエンスシステムズが吸収合併されたことに伴い、株式会社ココストアの子会社となった。
  • 2009年11月 - 株式会社ココストアリテールに商号変更。
  • 2010年9月1日 - ミニストップと業務提携し、ココストア・エブリワンと共に九州地区で商品開発・調達を開始した[14]
  • 2012年6月1日 - ココストアがイズミックよりボランタリー・チェーンのタックメイト事業を譲り受けた[15]
  • 2015年
    • 8月15日 - ココストアがミニストップと資本・業務提携を解消。
    • 10月1日 - 親会社の株式会社ココストアが株式会社ファミリーマートに買収された。
    • 11月30日 - 株式会社ミツウロコグループホールディングス子会社の株式会社ミツウロコビバレッジへとココストアリテールの全株式を翌年4月に譲渡することで、ファミリーマートと株式会社ミツウロコグループホールディングスが合意した。譲渡される事業にはココストア管轄のボランタリー・チェーンの小売店やコンビニの一部も含む[4]
    • 12月1日 - 株式会社ココストアが吸収合併されたことに伴い、株式会社ファミリーマートの子会社となった。
  • 2016年
    • 4月15日 - ファミリーマートよりタックメイト等のボランタリー・チェーン事業を譲渡された。さらにココストアリテールの全株式がファミリーマートから株式会社ミツウロコプロビジョンズ(旧ミツウロコビバレッジ・初代)へ譲渡され、同時に本社を福岡市から名古屋市に移転した[6][7]
    • 12月 - ココストア・エブリワンの残存店舗(30店舗)についてココストアリテールへ譲渡される予定で[8]、同年9月よりココストアの本州地区と沖縄県(共に一部)の店舗は「タックメイト」、同チェーンの九州地区(一部)とエブリワンの店舗は「RICストア」への屋号変更が順次実施されている[9][10](ただし、旧ココストアの一部店舗については前述のとおり、ミツウロコグループが旧名に戻す方針を表明したとする一部の報道もあり)。
    • 12月14日 -  ココストアリテールが運営する直営店約30店舗(タックメイトおよびRIC)について、「ミツウロコグローサリー」に転換しグローサリー事業を開始することを表明した[16]
  • 2017年
    • 4月1日 - 社名をココストアリテールから株式会社ミツウロコグローサリーに変更した。本店も東京都に移転している[17]
    • 10月6日 - 新業態「ミツウロコグローサリー(MG)」の1号店・桑名木曽三川公園店がオープン[18]

展開ブランド

小売店・コンビニ事業
カフェ事業
  • 珈琲古今堂(愛知県で2店舗展開)

脚注

  1. リョーユーパン歩み
  2. BUSINESS ANGLE「コンビニの常識を破る新型店が好調」
  3. ふくおか経済 2006年11月1日号 やまかさ
  4. 4.0 4.1 “株式会社ココストアリテールの株式譲渡に関する基本合意書締結に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ファミリーマート, (2015年11月30日), http://www.family.co.jp/company/news_releases/2015/151130_05.pdf . 2016閲覧. 
  5. ファミマ、ココストア系コンビニ250店売却 経営資源集中(日本経済新聞 2015年11月30日)
  6. 6.0 6.1 “株式会社ファミリーマート等との包括提携契約及び株式会社ココストアリテールに関する株式譲渡契約締結のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ミツウロコグループホールディングス, (2016年2月18日), http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1330997 . 2016閲覧. 
  7. 7.0 7.1 “株式会社ココストアリテール役員人事及び本店移転に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ミツウロコグループホールディングス, (2016年4月15日), http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1344961 . 2016閲覧. 
  8. 8.0 8.1 “株式会社ココストアリテールと株式会社ファミリーマートの吸収分割契約締結に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ミツウロコグループホールディングス, (2016年10月31日), http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1412327 . 2016閲覧. 
  9. 9.0 9.1 エブリワン・ココストア九州、2016年末までに「RICストア」に改称-人気のベーカリーも存続”. 都市商業研究所 (2016年8月27日). . 2016閲覧.
  10. 10.0 10.1 ココストア、2016年末までに「タックメイト」「RICストア」に改称-業態は変わらず”. 都市商業研究所 (2016年9月5日). . 2016閲覧.
  11. “名古屋発祥コンビニ「ココストア」の一部店舗が復活”. まいじつ. (2016年9月24日). http://myjitsu.jp/archives/9899 . 2016閲覧. 
  12. ココストアがKCSなどと業務提携、大手に対抗 2000年6月23日 日本食糧新聞
  13. ココストア、壽屋CVSを完全傘下に、グループ総店舗2200店でCVS界7位へ 2001年6月22日 日本食糧新聞
  14. ミニストップ 2011年2月期 第2四半期 決算発表会
  15. ココストアが宅配コンビニ事業譲受 2012年3月9日中部経済新聞社
  16. グローサリー(MG mitsuuroko grocery)事業開始のお知らせ株式会社ミツウロコグループホールディングス(2016年12月14日)
  17. 孫会社の商号変更及び本店所在地移転に関するお知らせ株式会社ミツウロコグループホールディングス(2017年3月31日)
  18. MG第1号店 桑名木曽三川公園店グランドオープンのお知らせ(ミツウロコグローサリー、2017年10月5日) (PDF)

関連項目

外部リンク