actions

JR博多シティ (企業)

株式会社JR博多シティ(ジェイアールはかたシティ)は、福岡県福岡市博多区に本社を置く、JR九州グループの不動産管理会社。

沿革

山陽新幹線の岡山駅-博多駅間開通に合わせて博多駅の商業施設を整備するために1973年(昭和48年)4月2日に当時の日本国有鉄道などの出資により博多ターミナルビル株式会社として設立。1975年(昭和50年)3月10日の山陽新幹線博多駅開業に合わせて博多デイトスを開業した[1]

その後、1977年(昭和52年)12月1日佐賀デイトス東館、1981年(昭和56年)12月2日に佐賀デイトス西館、1984年(昭和59年)12月1日姪浜デイトスを開業[1]。博多駅博多口の商業施設を運営していた博多ステーションビルも、増資前の時点で25%の株式を保有している[2]

JR発足後、博多駅の山陽新幹線高架下エリアは西日本旅客鉄道(JR西日本)に移管された一方で、博多ターミナルビルの株式はJR九州に承継されて以降も同社が新幹線高架下部分の管理を担っていたが、1994年(平成6年)に管理権をJR西日本に返還している[1]2011年(平成23年)3月3日には、九州新幹線鹿児島ルート全線開業に合わせて、JR博多シティを開業した。

2013年(平成25年)4月1日には、JR博多シティの運営会社であることを明確にするために、社名を株式会社JR博多シティに変更。この時点で運営の対象は、アミュプラザ博多、博多デイトス、エキサイド博多(現デイトスアネックス)、博多駅コンコース内店舗とされており、佐賀デイトス及び姪浜デイトスは運営の対象に含まれていない[3]。なお、これ以外に2016年4月27日開業したJRJP博多ビル地下の「駅から300歩横丁」を含む商業ゾーンの運営も行う[4]。 なお、姪浜デイトスは2014年7月14日にえきマチ1丁目姪浜に、佐賀デイトスは同年10月14日にえきマチ1丁目佐賀となり、運営もJR九州ビルマネジメントに移っている。

脚注

外部リンク