actions

デイトス

デイトス(英字表記:DEITOS)は、株式会社JR博多シティ(旧・博多ターミナルビル株式会社)が博多駅福岡県福岡市博多区)で運営する[1]駅ビル内の商業施設。

現在の店舗

博多デイトス

福岡市博多区博多駅中央街1番1号(博多駅筑紫口側の駅ビル「新幹線博多ビル」内)に所在。2016年現在、地上2階、地下1階。地上1階は土産店街「みやげもん市場」、路地空間の飲食街「博多ほろよい通り」、人気総菜店やパティスリーを集めた「いっぴん通り」。地上2階は麺類の飲食店街「博多めん街道」。地下1階は飲食店街「あじわいすとりーと」。1階はマイング博多駅名店街とゲート無しで行き来できる。2階にはデイトスアネックスとの連絡通路がある。

  • 1975年3月10日オープン。
  • 2009年4月から九州新幹線鹿児島ルート全線開業に先行して、休業した上で全面改装を開始。2009年10月23日にリニューアルオープンした。
    • この時点で前述のほか、南寄り区画に、地上1階にはファッション・雑貨・食料店街「DEITOS STREET」、地下1階には生活用品やファッション店街「LIFE STYLE STREET」が有った。
  • 2011年3月3日にJR博多シティが開業し、内テナントのアミュプラザ博多博多阪急と連絡口で繋がった。
  • 2012年6月2日より、これまでアミュプラザ博多として営業していた「いっぴん通り」が博多デイトスでの営業に変更された[2]
  • 2014年3月1日、これまで博多デイトスの売り場であった、地上1階の「DEITOS STREET」の一部と地下1階の「LIFE STYLE STREET」のエリアを改装し、「アミュエスト(AMU EST)」としてリニューアルオープンした[3][4]。これに伴い、同売り場は2014年1月14日から2月28日まで一時休業した[5]
    これにより、「博多デイトス(DEITOS)」の売り場は北寄りの土産品店・飲食店街と「いっぴん通り」がメインとなる。またデイトスの公式サイトもアミュプラザ博多(JR博多シティ)のサイトに統合された。
  • 2015年4月1日には、隣の「エキサイド博多」が「デイトスアネックス」に名称変更した。[6]

テンプレート:博多駅

かつて存在した店舗

姪浜デイトス

ファイル:姪浜DEITOS.jpg
姪浜DEITOS
(2009年7月13日撮影)
業態転換のため現存しない(後述)。

福岡市西区姪の浜4丁目8番2号

  • 1984年12月1日オープン。
  • 姪浜駅ビルの地上1階部分東側にフロアーを有していた。
  • 駐車場(17台収容)・駐輪場(179台収容)があった。
  • デイトスカルチャールームが開かれ、スポーツ、カルチャー、美容など多彩な講座が催された。
  • 改装工事のため2014年5月4日を以て閉鎖。
  • 2014年7月14日JR九州ビルマネジメントが運営するえきマチ1丁目 姪浜として新装オープンした[7]

佐賀デイトス

佐賀県佐賀市駅前中央1丁目11番20号

脚注

関連項目

外部リンク