actions

鳥羽天皇


鳥羽天皇(とばてんのう、旧字体:鳥羽1103年2月24日康和5年1月16日) - 1156年7月20日保元元年7月2日))は平安時代後期の第74代天皇(在位1107年8月9日嘉承2年7月19日) - 1123年2月25日保安4年1月28日))。宗仁(むねひと)。

堀河天皇の皇子。母は贈皇太后藤原苡子。子の崇徳天皇近衛天皇後白河天皇の3代28年に渡り院政を敷いた。

来歴

生後間もなく母・苡子が没し、祖父の白河法皇の下に引き取られて養育された。誕生から7ヶ月で立太子され、父・堀河天皇の死後、5歳で即位する。

幼い鳥羽天皇は政務を執る事ができず、また当時の摂関の藤原忠実は立場が弱く白河法皇の風下にあり、実際の政務は白河法皇が執った。永久5年(1117年)、白河法皇の養女である藤原璋子(待賢門院)が入内、翌年には中宮となり5男2女を儲ける。保安4年(1123年)1月23日、第一皇子・崇徳天皇に譲位、その後も実権は白河法皇が握り続けた。父親の堀河天皇の在位中は、摂関家や天皇が実権を全て、あるいはある程度は握っていたが、このように鳥羽天皇の治世において白河院政が本格化した。

白河法皇崩御の後、大治4年(1129年)より院政を敷く。白河法皇の勅勘を受けて宇治に蟄居していた前関白・藤原忠実を天承元年(1131年)に呼び戻し、娘の泰子(高陽院)を入内させ、上皇の妃としては異例の皇后とした。また、白河法皇の側近であった藤原長実家保兄弟らを排除して院の要職を自己の側近で固める[1]。有力な院司として、藤原顕頼藤原家成がいる。また伊勢平氏平忠盛内昇殿をゆるし、政権に近づけた。さらに白河法皇の後ろ盾を失った待賢門院璋子にかわり、長承2年(1133年)頃より藤原得子(美福門院)を寵愛した。永治元年(1141年)、23歳の崇徳天皇を譲位させ、得子所生の皇子・体仁親王(近衛天皇)を3歳で即位させた。康治元年(1142年)に東大寺戒壇院で受戒し法皇となる。

久寿2年(1155年)に近衛天皇が早世すると、第四皇子で崇徳上皇の同母弟である雅仁親王(後白河天皇)を即位させた。これにより崇徳上皇が院政を敷く可能性は失われ、崩御の直後に保元の乱が勃発する原因を作った。

父・堀河天皇と並ぶの名人として知られ、譲位後に崇徳天皇が朝覲行幸に訪れた際に自ら笛を演奏して歓待している(朝覲行幸では子である天皇が父である院に対する孝養の一環として楽器を演奏するのが通例であった)。また、催馬楽朗詠にも優れ、天永3年(1112年)の白河法皇の60歳の御賀の際には自ら催馬楽を披露している[2]

系譜

系図

テンプレート:皇室平安後期

后妃・皇子女

中宮・藤原璋子(待賢門院)は、幼少より白河院の養女となって溺愛されており、『古事談』では、鳥羽院が崇徳天皇を「叔父子」(祖父・白河院の子、叔父である子の意)と呼んでいたとしている。

諡号・追号・異名

鳥羽安楽寿院御所にて崩御し、遺諡によって、鳥羽院と追号された[3]明治以後、院号は廃止され、鳥羽天皇となった。

在位中の元号

  • 嘉承 - 嘉承2年7月19日(1107年8月9日)践祚、嘉承3年8月3日(1108年9月9日)即位により改元
  • 天仁 - 天仁3年7月13日(1110年7月31日)彗星出現により天永に改元
  • 天永 - 天永4年7月13日(1113年8月25日)天変・怪異・疫病・戦乱により永久に改元
  • 永久 - 永久6年4月3日(1118年4月25日)天変・疫病により元永に改元
  • 元永 - 元永3年4月10日(1120年5月9日)御厄運御慎により保安に改元
  • 保安 - 保安4年1月28日(1123年2月25日)譲位

陵・霊廟

(みささぎ)は、宮内庁により京都府京都市伏見区竹田浄菩提院町にある安樂壽院南陵(安楽寿院南陵:あんらくじゅいんのみささぎ)に治定されている[4]。宮内庁上の形式は方形堂。

生前の保延5年(1139年)、鳥羽の安楽寿院境内に三重塔の寿陵を営み、崩御後遺詔により遺骸をこの塔下に納めた。その後焼失と再建を繰り返したが、やがて所伝が混乱し、近衛天皇陵が鳥羽天皇陵と誤認される時代が元禄以後幕末まで続いた。元治元年(1864年)の修陵に際して修正され、現陵とされている。

また皇居では、宮中三殿のひとつの皇霊殿において他の歴代天皇や皇族とともに鳥羽天皇の霊が祀られている。

補注

  1. 長実は美福門院の実父、家保は鳥羽上皇の側近である藤原家成の実父であるが、美福門院・藤原家成は鳥羽上皇の寵愛を背景に父や兄弟に代わってその権力や財産を独占した(佐伯智広「鳥羽院政期の王家と皇位継承」『日本史研究』598号(2012年)/所収:佐伯『中世前期の政治構造と王家』(東京大学出版会、2015年) ISBN 978-4-13-026238-5)。
  2. 豊永聡美「平安時代における天皇と音楽」(初出:『東京音楽大学研究紀要』25号(2004年)/改題所収:豊永「鎌倉期以前の天皇と音楽」『中世の天皇と音楽』(吉川弘文館、2006年) ISBN 4-642-02860-9 P30-31)
  3. 兵範記保元元年(1156年)7月11日条裏書
  4. 天皇陵(宮内庁)

関連項目