actions

堀河天皇

堀河天皇(ほりかわてんのう、1079年8月8日承暦3年7月9日) - 1107年8月9日嘉承2年7月19日))は平安時代後期の第73代天皇(在位:1087年1月3日応徳3年11月26日) - 1107年8月9日(嘉承2年7月19日))。善仁(たるひと)。

白河天皇の第二皇子、母は藤原師実の養女・中宮賢子准母に同母姉媞子内親王(郁芳門院)。

来歴

応徳3年(1086年)11月26日、立太子と同日に8歳で父白河天皇から譲位され即位した。このような短期間での立太子・即位は、異母弟の輔仁親王に皇統が移ることを避けるための白河天皇の強い意向によるものだったという。

即位に伴い、義理の外祖父にあたる関白藤原師実摂政となり実権を握り、摂関政治への回帰が見られた。白河上皇は師実を信頼し、院庁の人事も師実の人選に任せており、一方の師実も白河上皇に摂関の任命権を委ねるなど、この時期には師実と上皇は協調関係にあり、白河上皇に院政を敷く意志は無かった。堀河天皇が成人して関白も藤原師通に代わると、上皇の政治関与に批判的な師通は、自ら政務を執ろうとする堀河天皇に協力的であり、親政に近い状態が現出することとなった(『後二条師通記』・『中右記』)。上皇自身も後見の役目を終えたことに加え、天皇の准母である媞子内親王の薨去を機に出家して政務への意欲を失っていた時期でもあったためこの体制が許容されていた。しかし承徳3年(1099年)に師通が死去すると、若い藤原忠実は堀河天皇を補佐するに足りず、天皇は法皇に政務を相談せざるを得なかった。またかつての師実との協調関係から法皇は摂関家にも強い影響力を持ち続け、結果として白河法皇の院政が成立した。

堀河天皇は「末代の賢王」(『続古事談』)と評される賢帝として知られた。関白師通との提携による朝政にも熱心に取り組み、「天が下治まりて、民安く世のどかなり」(『発心集』)といわれた。しかし白河院の政務への関与が再び強まると、天皇の興味は趣味の世界に移っていった。叔母にあたる中宮・篤子内親王の薫陶を受け、学問・和歌管弦に才能を発揮して廷臣らに慕われたが[1]、生来病弱で、在位のまま宝算29で崩御。臨終の様子は乳母・藤原兼子 (伊予三位)の妹である典侍藤原長子の『讃岐典侍日記』に詳しい。

人物

性格は上品かつ優雅であり、その誠実な人柄は宮廷社会でも人望を集めたという。

政務への情熱を趣味に傾けるようになってからは、音楽、特に管弦を愛好した。夜の御殿の壁にの譜を貼って覚えるほどの熱の入れようで、その腕前も藤原忠実をして「全ク比類ナシ」と感嘆せしめるほどのものだった[2]

また和歌にも優れ、康和4年(1102年)には歌人たちに恋の歌を詠ませた「堀河院艶書合」を主宰、また当時評判の歌人14名[3]に100首の和歌を詠ませた「堀河百首」を編んでいるが、これが組題百首の嚆矢である。勅撰和歌集には『金葉和歌集』などに9首が入集している。

系譜

系図

テンプレート:皇室平安後期

后妃・皇子女

叔母で19歳年長である中宮篤子内親王との間には皇子女が誕生せず、父・白河院の差配のもとに白河院の従妹に当たる藤原苡子女御とし、その間に皇子・宗仁親王(鳥羽天皇)が生まれた。苡子は産後まもなく死去したため、宗仁親王は白河院に引き取られてその下で養育された。

在位中の元号

  • 応徳 - 応徳3年11月26日(1087年1月3日)践祚、応徳4年4月7日(1087年5月11日)即位により寛治に改元
  • 寛治 - 寛治8年12月15日(1095年1月23日)疫病流行により嘉保に改元
  • 嘉保 - 嘉保3年12月17日(1097年1月3日)天変・地震により永長に改元
  • 永長 - 永長2年11月21日(1097年12月27日) 天変・地震・洪水・大風により承徳に改元
  • 承徳 - 承徳3年8月28日(1099年9月15日)地震・疫病により康和に改元
  • 康和 - 康和6年2月10日(1104年3月8日)天変により長治に改元
  • 長治 - 長治3年4月9日(1106年5月13日)天変により嘉承に改元
  • 嘉承 - 嘉承2年7月19日(1107年8月9日)崩御

陵・霊廟

(みささぎ)は、宮内庁により京都府京都市右京区竜安寺朱山の龍安寺内にある後圓教寺陵(後円教寺陵:のちのえんきょうじのみささぎ)に治定されている[5]。宮内庁上の形式は円丘。

また皇居では、宮中三殿のひとつの皇霊殿において他の歴代天皇や皇族とともに堀河天皇の霊が祀られている。

補注

  1. 「弦管歌詠之遊、天性所授、不愧往古」『中右記
  2. 「近来ノ上手ハ堀河院ニ御ナリ。全ク比類ナシ。誠ニ言語ノ及ブトコロニアラズ。」(『続教訓抄』)
  3. 今鏡』『和歌色葉集』によるが、永縁源顕仲のいずれか、または双方を加て15名ないし16名とした伝本もある。
  4. 『諸家系図纂』によると、喜子内親王の母を仁子女王とする
  5. 天皇陵(宮内庁)

参考文献・外部リンク