actions

源経頼


源 経頼(みなもと の つねより)は、平安時代中期の公卿宇多源氏参議源扶義の次男。官位正三位参議

経歴

長徳4年(998年)に従五位下叙爵し、寛弘2年(1005年)には玄蕃頭に任ぜられる。寛弘7年(1010年)従五位上・少納言長和3年(1014年左少弁に任ぜられると、長和4年(1015年正五位上、寛仁3年(1019年)右中弁、寛仁4年(1020年従四位上・権左中弁、治安2年(1022年正四位下、治安3年(1023年)左中弁と弁官を務めながら昇進する。長元2年(1029年蔵人頭兼右大弁になると、翌長元3年(1030年)参議に任ぜられ公卿に列した。

議政官として、中宮権大夫兵部卿・左大弁・勘解由長官などを務め、長暦2年(1038年)正三位に至る。長暦3年(1039年)8月24日薨去。享年55または64。最終官位は参議正三位行左大弁

人物

宇多天皇の4世孫として、祖先より相伝の源家流故実礼法を有していたことに加え、藤原道長藤原頼通藤原実資藤原公任藤原行成らと交流して藤原氏諸流の儀礼を熱心に学び、『西宮記』勘物(青縹書)を作成すると共に日記『左経記』を著した。『左経記』や経頼の故実学は、のちに源俊明源能俊源俊雅醍醐源氏高明流の官人や、藤原頼長・藤原忠親らの平安末期の公卿間に影響を与えた。ほかにも『類聚符宣抄』も著している。

逸話

従兄弟にあたる藤原頼通との交流があり、経頼はしばしば書籍の奉納を行っているほか[1]、二人の間に関する以下の逸話がある。

  • 宇治殿(頼通)が参内した際、陽明門の内(左近衛府の前あたり)の置道(貴人用の通路)のほとりに、誰かが落としたと思われる大袋が落ちていた。随身に中身を確認させたところ、文様のある生地を使用した束帯装束一揃えが入っていたが、襟がことのほか広く、その品一つ一つが悉く粗悪であり、経頼が落とした物と思われた。頼通は邸宅に戻ったのち、長絹20疋を持った使いを経頼の許へ遣わせたという。(『古事談』[2]
  • 宇治殿が殿上の小板敷(清涼殿殿上の間の板敷)にて経頼を譴責した。源右府(源師房)のことを謗ったためという。経頼が汗を流しながら退出したところを、紫宸殿の北庇で源経長と出くわした。経頼は火の気のない灰のように全く生気のない様子で「殿下(頼通)の譴責を受けた。運がもう既に尽きてしまった」と言った。その後、経頼は幾ばくも経ないうちに病気になり遂に没したという。(『古事談』[3]

官歴

公卿補任』による。

系譜

尊卑分脈』による。

脚注

  1. 『左経記』
  2. 『古事談』第二臣節9,頼通、経頼に長絹を贈る事
  3. 『古事談』第二臣節10,経頼、頼通の叱責により死する事

参考文献