操作

鳥井信治郎

鳥井 信治郎(とりい しんじろう、1879年1月30日 - 1962年2月20日)は、日本実業家サントリー(現サントリーホールディングス株式会社)の創業者である。

経歴

この時に小西儀助商店で扱っていた洋酒についての知識を得たという。

「やってみなはれ」

失敗を恐れず挑戦することを重んじる信治郎の「やってみなはれ」を、サントリーは21世紀においても創業精神として掲げている[1]新浪剛史サントリーホールディングス社長によると、社内の研修組織「サントリー大学」において、買収した米ビーム社員らを含めて「Yatte Minahare」とそのまま教えているという[2]

系譜

鳥井信治郎が登場する作品

脚注

参考文献


先代:
(初代)
壽屋(のちのサントリー)社長
初代:1899年 - 1961年
次代:
佐治敬三