actions

養老山 (岐阜県)

養老山(ようろうさん)は、岐阜県養老郡養老町大垣市上石津町地域自治区(旧養老郡上石津町)にまたがる標高859mである。旧名を多芸山ともいう。養老山地を代表する山で、山頂には一等三角点が設置されている[1]

環境

養老山地の北部の峰で、麓からは山頂が特定しにくい山である。周辺は揖斐関ヶ原養老国定公園に指定されている[2]。一帯には原生林が残っており、アカヤシオコブシコナラツゲアセビなどが多い。石灰岩質の山であり、養老の滝がある滝谷の源流の山。

気候

養老山は、養老山地の北端に近い位置にあり、気象観測点のある関ヶ原に近い。このため、特に冬は、太平洋側の気候というよりは、日本海側に近い気候となっている。冬以外は、太平洋側の気候である。

登山・ハイキング

登山コース

養老公園内の養老観光リフト(養老ロープウェー)の滝上駐車場駅、又は滝上駐車場に登山口があり、登山者記名帳がある。登山口からは登山道が整備されており、約4kmのコースである。他に、養老山地稜線に沿った養老山頂登山道が整備されている[3]。また養老公園を横断するように、東海自然歩道が整備されている。東海自然歩道を含めこれらの登山道は岐阜県環境生活部地球環境課が管理をしている。

  • 一般的な登山コース 養老駅養老鉄道)-養老公園-養老の滝-養老山・笙ヶ岳登山口-滝谷渡渉点-三方山分岐-笹原峠-小倉山(山頂園地)-養老山[4]
  • 養老山頂登山道のコース(全長10.5km) 二之瀬越(庭田山頂公園)-林道-志津山-川原越-津屋避難小屋-養老山
  • 東海自然歩道 川原越-風呂谷-今熊谷-光明水-赤岩神社-養老公園

周辺の山小屋・休憩所

  • 津屋避難小屋 - 山頂から約1.9km南東の養老山地の主稜線の標高点800mの小ピークにある避難小屋。 
  • 小倉山園地の東屋 - 山頂から約800m北の小倉山には園地が整備されていて、東屋・テーブル・ベンチなどがある。
  • 川原越北の東屋 - 東海自然歩道の川原越から約200m北にある東屋。

交通・アクセス

地理

濃尾平野西端の養老山地主稜線上の北部に位置する。西側の国道365号の前ヶ瀬から山頂付近までの林道がある。山頂は樹木に覆われていて、ほとんど展望がない。

周辺の山と滝

山容 名称 標高
m
三角点[1] 養老山との
距離(km
備考
70px 伊吹山 1,377.31  一等  20.2 日本百名山
70px 霊仙山 1,083.45  二等  13.0 カルスト台地
70px 表山 838.53  三等  2.9 三角点の点名は犬谷
70px 笙ヶ岳 908.30  四等  2.5 養老山地最高峰
70px 養老の滝 約270  2.2 養老公園
70px 三方山 約730  1.2 笹峠の東の小ピーク
濃尾平野の展望台
70px 小倉山 841  0.6 山上園地
東屋やベンチなど
70px 養老山 859.31  一等  0 
70px 志津山 731.98  三等  3.3 三角点の点名は田辺1
70px 藤原岳 1,144  13.2 日本三百名山
(標高未確定)
70px 御池岳 1,247  13.6 鈴鹿山脈最高峰
カルスト台地
70px 多度山 402.74  二等  16.2 山頂に園地

源流の河川

以下の主な源流の河川は、伊勢湾へ流れる[5]

関連画像

脚注

  1. 1.0 1.1 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「kijyun」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  2. 国定公園について環境省)、2010年12月4日閲覧。
  3. 『改訂新版 名古屋周辺の山』山と溪谷社、2010年、ISBN 978-4-635-18017-7
  4. 『改訂版 岐阜県の山』やまとけいこくしゃ山と溪谷社、2009年、ISBN 978-4-635-02370-2
  5. 『御在所・霊仙・伊吹 (山と高原地図44)』昭文社、2010年、ISBN 978-4-398-75724-1

関連項目

外部リンク