actions

白山


白山(はくさん)

三重県中部,津市中部にある旧町域。布引山地南東麓にある。 1955年家城町と川口村,大三村,倭村,八ツ山村の4村が合体して白山町が成立。 2006年津市,久居市,河芸町,芸濃町,美里村,安濃町,香良洲町,一志町,美杉村の2市5町2村と合体,津市となった。地名は氏神の白山神社にちなむ。大部分は山地だが,雲出川中流域の平地は一志米と呼ばれる酒米の産地。肉牛飼育も行なわれる。中心地区の家城 (いえき) は雲出川上流の渓谷,家城ラインへの入口。白山比咩神社 (しろやまひめじんじゃ) ,成願寺 (国の重要文化財の阿弥陀如来倚像などを所蔵) ,常福寺 (国の重要文化財の木造千手観音立像を所蔵) などがある。東部にはゴルフ場が多く,北西部は青山高原で別荘地や航空自衛隊ナイキ基地などがあり,一帯は室生赤目青山国定公園に属する。

外部リンク





楽天市場検索: