操作

飛騨国

飛騨国
地図 令制国 飛騨国.svg.png
-飛騨国
-東山道
別称 飛州(ひしゅう)
所属 東山道
相当領域 岐阜県北部
諸元
国力 下国
距離 中国
3郡13郷
国内主要施設
飛騨国府 (推定)岐阜県高山市
飛騨国分寺 岐阜県高山市(飛騨国分寺塔跡
飛騨国分尼寺 岐阜県高山市(国分尼寺金堂跡
一宮 飛騨一宮水無神社(岐阜県高山市)
テンプレートを表示

飛騨国(ひだのくに、旧字体: 飛驒國

現在の岐阜県北部。東山道の一国。下国。『旧事本紀』によれば,成務天皇のときに斐陀 (ひだ) 国造が置かれたという。令 (りょう) にも「斐陀国」とみえるが,『日本書紀』仁徳天皇の条には「飛騨国」とある。国全体が山中にあり,経済的に恵まれず,そのため賦役令の規定でも庸 (よう) ,調 (ちょう) ともに免じられ,50戸ごとに匠丁 (飛騨工 ) 10人を出す規定であった。国府は高山市上岡本。国分寺は高山市総和町。一宮は高山市一之宮町の水無 (みなし) 神社。『延喜式』には大野郡,益田郡,荒城郡の3郡を載せているが,益田郡は貞観 12 (870) 年に大野郡から分割された新置の郡であった。『和名抄』には 13郷,田 6615町と記されている。鎌倉時代の守護その他については不明。南北朝時代初期の頃姉小路家綱が国司に任じられたともいう。武家方は京極 (佐々木) 氏を守護とし,室町時代を通じて京極氏の支配が続いた。豊臣秀吉は金森長近をこの国に封じた。元禄5 (1692) 年金森氏が出羽に移封されてからは天領となり,飛騨郡代の支配下となった。明治1 (1868) 年5月飛騨県,同年6月高山県となり,梅村速水が知事として3郡を管轄したが,急激な新政の結果,梅村騒動を引き起こした。同4年の廃藩置県後,筑摩県に編入され,1876年岐阜県に合併された。

脚注




Rakuten 楽天市場検索: