actions

飛騨郡代

飛騨郡代(ひだぐんだい)とは、江戸時代に4ヶ所設置された郡代の一つ。飛騨国全域の幕府直轄領の民治を司る行政官であり代官である。

1588年天正16年)より飛騨国一円は飛騨高山藩金森氏によって治められてきたが、1692年元禄5年)幕府は当時の藩主金森頼時出羽国上山藩へ移封し、飛騨国を幕府領とした。これは幕府が飛騨の豊富な木材資源と鉱物資源(銀・鉛など)に着目し、幕府財政の安定を図る目的があったと考えられている。以後、高山城を廃城とし、高山城の下屋敷を高山陣屋として行政を行なった。

1777年安永6年)、郡代に昇格。以降明治維新までに14代の郡代が派遣されている。(郡代昇格前の代官は11代派遣されており、それを合わせると25代)

高山陣屋は、江戸時代の建物が唯一現存する天領陣屋である。

歴代郡代

  1. 伊奈忠篤(1692年 - 1697年)
  2. 伊奈忠順(1697年 - 1712年)
  3. 伊奈忠逵(1712年 - 1715年)
  4. 森山実道(1715年 - 1721年)
  5. 亀田三脩(享保6年(1721年) - 1724年) - 甲斐上飯田代官より転任。
  6. 長谷川忠国(1724年 - 1728年)
  7. 長谷川忠崇(1728年 - 1745年)
  8. 幸田高成(1745年 - 1750年)
  9. 柴村盛喬(1750年 - 1756年)
  10. 上倉信門(1756年 - 1761年)
  11. 布施胤将(1761年 - 1765年)
  12. 大原紹正(1765年 - 1779年) - 安永6年、代官から郡代に昇進
  13. 大原正純(1781年 - 1789年)
  14. 飯塚政長(1789年 - 1800年)
  15. 小出照方(1800年 - 1803年)
  16. 田口喜古(1804年 - 1811年)
  17. 榊原長義(1811年 - 1815年)
  18. 芝正盛(1815年 - 1829年)
  19. 大井永昌(1829年 - 1839年)
  20. 豊田友直(1839年 - 1845年)
  21. 小野高福(1845年 - 1852年) - 山岡鉄舟の父
  22. 福王忠篤(1852年 - 1858年)
  23. 増田頼興(1858年 - 1864年)
  24. 高柳元暱(1864年 - 1866年)
  25. 新見正功(1866年 - 1868年)

関連項目

  • 美濃郡代 - 飛騨郡代の転任、急死から後任の決定まで預かり役を担当した。