actions

阪田雅裕

さかた まさひろ
阪田 雅裕
生誕 (1943-09-20) 1943年9月20日(75歳)
日本の旗 和歌山県
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学法学部卒業
職業 アンダーソン・毛利・友常
法律事務所
顧問

阪田 雅裕(さかた まさひろ、1943年昭和18年〉9月20日 - )は、日本大蔵官僚弁護士勲等瑞宝大綬章アンダーソン・毛利・友常法律事務所顧問第一東京弁護士会所属。

大蔵省大臣官房審議官内閣法制局総務主幹、内閣法制局第三部部長、内閣法制局第一部部長、内閣法制次長内閣法制局長官などを歴任した。

概要

和歌山県出身の大蔵官僚である。大蔵省においては、大臣官房参事官を経て審議官を務めた。のちに内閣法制局に出向し、総務主幹を経て、第三部や第一部の部長を務めるなど、要職を歴任した。2002年には内閣法制次長に就任した。2004年には秋山收の後任として内閣法制局長官に就任し、第2次小泉内閣から第3次小泉改造内閣にかけて同職を務めた。退職後は弁護士登録し、第一東京弁護士会に所属した。アンダーソン・毛利・友常法律事務所において顧問に就任した。

政策・主張

平和安全法制
第3次安倍内閣が推進する平和安全法制に対しては否定的である。
内閣法制局長官退官の翌年、岩波書店発行の月刊誌『世界』において集団的自衛権行使の憲法解釈変更に反対の立場を表明した[1]
ただし、2015年6月22日衆議院平和安全法制特別委員会の参考人質疑においては、日本集団的自衛権の限定的な行使について一定の理解を示している[2]
また、内閣総理大臣安倍晋三は、集団的自衛権を行使できる例としてホルムズ海峡機雷封鎖された場合を挙げていた。しかし、阪田は安倍が提示したこの例を批判し、ホルムズ海峡の機雷封鎖は「どう考えても、日本の存立を脅かし、国民生命自由、幸福追求の権利を根底から覆す事態に至りようがない」[2]と指摘した。そのうえで、ホルムズ海峡が機雷封鎖されたとしても、日本は集団的自衛権に基づく掃海活動はできないと主張した[2]

略歴

栄典

著書

  • 図説 日本の損害保険 昭和62年版(1987年、財経詳報社、編著)
  • 証券取引等監視委員会 日本型SECの誕生(1993年、大蔵財務協会)
  • 政府の憲法解釈(2013年、有斐閣
  • 「法の番人」 内閣法制局の矜持(2014年、大月書店

脚注

  1. 『世界』(岩波書店、2007年9月号)
  2. 2.0 2.1 2.2 「元法制局2長官、安保法案を批判――衆院特別委」『元法制局2長官、安保法案を批判 衆院特別委  :日本経済新聞日本経済新聞社2015年6月22日
  3. 3.0 3.1 『大蔵省不信の構図』(栗林良光、講談社、1992年12月7日) P63-P64

関連項目

外部リンク

公職
先代:
秋山收
日本の旗 内閣法制局長官
2004年 - 2006年
次代:
宮﨑礼壹
先代:
秋山收
日本の旗 内閣法制次長
2002年 - 2004年
次代:
宮﨑礼壹

テンプレート:People-substub