操作

関門トンネル (山陽本線)

関門トンネル
概要
路線 山陽本線
位置 山口県下関市 - 福岡県北九州市
座標 北緯33度55分18.4秒
東経130度55分58.2秒
起点 山口県下関市彦島江の浦町1丁目
終点 福岡県北九州市門司区梅ノ木町
門司駅構内)
運用
建設開始 1936年
開通 1942年
所有 九州旅客鉄道(JR九州)
技術情報
全長 3,604.63 m(上り線)3,614.04 m(下り線)
テンプレートを表示

関門トンネル(かんもんトンネル)

関門海峡をくぐって本州九州を結ぶ、鉄道用の水底トンネル

九州旅客鉄道(JR九州)の山陽本線下関駅 - 門司駅間に所在する。

単線トンネル2本で構成され、下り線トンネルは全長3,614.04メートル、上り線トンネルは全長3,604.63メートルである。



Rakuten 楽天市場検索: