actions

錦川鉄道


錦川鉄道株式会社(にしきがわてつどう)は、山口県で旧国鉄特定地方交通線岩日線を転換した鉄道路線錦川清流線を運営している山口県岩国市などが出資する第三セクター方式の鉄道会社である。

概要

錦川清流線の運営のほか、関連事業として旅行業(屋号は「清流線トラベルサービス」)、岩国市錦町総合支所からの委託で路線バスの運行(岩国市営錦バス。旧・錦町営バスが岩国市との合併により移行したもの)、岩国市錦町でのレンタサイクル事業、JR岩国駅東口の管理受託業務など幅広く展開している。また特筆すべき事業として、国鉄時代に岩日北線として建設されていた錦町 - 日原間のうち、完成していた錦町 - 雙津峡温泉間の路盤を有効活用したゴムタイヤ遊覧車「とことこトレイン」の運行(旧錦町=現・岩国市錦町総合支所からの委託)があげられる。この未成線活用策に対しては、2004年平成16年)10月国土交通省から地域活性化への貢献部門で「日本鉄道賞」を受賞している。なおゴムタイヤ遊覧車としては片道運行距離(約6 km )は日本一。また、赤・青・黄・緑・白・桃の6色の蛍光石を使用した光るトンネル壁画(広瀬トンネル、全長1,796 m)の連続距離も620 m で日本一である。雙津峡温泉から先、六日市島根県吉賀町)まで路盤が完成しているが今のところ六日市までの延長予定はない。

本業たる鉄道事業では開業から一度も営業黒字を計上していないものの、地元住民および自治体のマイレール意識が高いことに加え、前述のように鉄道運行業務以外での収入が占める割合も高いこと、そして1998年(平成10年)に並行する中国ジェイアールバスが撤退したことにより収支も当初より改善し、公的補助を加えると会社全体としての経営には特段の問題点もなく、今のところ存廃問題とは無縁である。

歴史

年表

路線

  • 錦川清流線(第1種鉄道事業者)
  • ゴムタイヤ遊覧車「とことこトレイン」 - 鉄道事業法に基づく鉄道ではなく岩日北線記念公園上を走る遊具として運行している。

車両

錦川清流線

現行車両
過去の車両

とことこトレイン

初代
山口きらら博会場で使われていたトヨタL&Fトーイングトラクター2TG型 LPG改造車の牽引車とトモエ電機工業製造の客車(被牽引車)3両の計4両編成からなるゴムタイヤ遊覧車。2編成を保有していた。2009年(平成21年)9月に後述の2代目車両に置き換えられた。
2代目
愛知万博会場でグローバル・トラムとして使用された電気自動車。佐野車輌製作所製[6]。万博閉幕後三重県ナガシマスパーランドで使用されていたものを購入。動力車(牽引車)1両と客車2両(被牽引車)からなる3両編成で、2編成を保有する。錦川鉄道では公募で決定したテントウムシをイメージしたデザインとなり、2009年(平成21年)9月19日より初代車両に代わって運行を開始した[7][8]

運賃・料金

錦川清流線

大人普通旅客運賃(小児半額・10円未満切り上げ)。2014年4月1日改定[9]

キロ程 運賃(円) キロ程 運賃(円)
初乗り1 - 3km 170 19 - 21 610
4 - 6 230 22 - 24 700
7 - 9 280 25 - 27 790
10 - 12 360 28 - 30 870
13 - 15 430 31 - 33 960
16 - 18 520

とことこトレイン

大人片道遊覧料金(小児半額・10円未満切り上げ)。2014年4月1日現在[10]

  • 一般・マイカー利用者: 片道650円、往復1200円
  • 錦川清流線利用者・団体: 片道500円、往復1000円

脚注

注釈

出典

外部リンク