操作

電気自動車

でんきじどうしゃ、electric car

電動モータで走行する自動車。電源はおもに二次電池を使い,充電を繰り返して動かす。ほかに架線から電気を取り入れるトロリーバス,自己発電式のものがある。電池式の歴史は古く,1873年にはイギリスの R.ダビッドソンにより実用車がつくられた。日本では第2次世界大戦前にも少し使われていたが,実用にはならず,子供の遊戯用が中心であった。戦後はガソリン不足のため見直され,1949年には 3300台もあった。しかし1回の充電走行距離が約 60kmと短く,速度も時速 50~60kmと遅く,登坂能力や積載能力もガソリン車に劣るため,燃料事情の好転とともに衰微し,わずかに牛乳・新聞配達車,工場構内車として残るだけとなった。ところがガソリン,軽油,天然ガスなど,化石燃料から排出される二酸化炭素 CO2 が地球規模での公害問題となってきたため,排出ガスと騒音がなく,運転が容易で安全性の高い電気自動車の再開発が検討されるようになった。走行距離,走行性能,価格などの問題を改善するため,ガソリンエンジンやディーゼルエンジンと電動モータを組み合わせた,ハイブリッド車が実用化されている。