actions

野忽那島

野忽那島
座標 東経132度41分24秒北緯33.96917度 東経132.69度33.96917; 132.69
面積 0.92 km²
海岸線長 5.7 km
最高標高 96(国土地理院m
所在海域 瀬戸内海
所属国・地域 日本愛媛県
テンプレートを表示

野忽那島(のぐつなじま)とは、瀬戸内海に位置する忽那諸島の一部で、有人島の内では一番東、四国本島側にある。愛媛県松山市に属する。面積は0.92km2、周囲5.7km。

自然

  • 忽那諸島の中でもとりわけ小さい島。
  • 皿山は標高73m、頂上には戦争当時つかわれていた監視塔がある。
  • 島には灯台があり、今は干潮時にしか行くことが出来ない。
  • 海水浴場は以前はかなりの注目の場所だった。
  • 山は土筆やワラビなど山菜が取れ、海ではヒジキやアサリなど海産物が小さな割に豊富な島。

歴史

  • 大正時代から昭和20年代にかけては、反物の行商の島として知られた。

産業

  • 農業(柑橘類)、水産業(タイメバル等)
  • 以前は、商店や駄菓子屋やお好み焼屋など数店あり賑わっていたが、今はなくなり、店はない。

社会

2008年度の児童5名(内4名は留学生)。
2008年3月以後から休校となっている。
  • 中学校はなし。かつては前述の小学校が中学校を兼ねていた。
  • 人口141人(平成22年国勢調査)
  • 世帯89戸(平成22年国勢調査)
  • 小学校を利用したシーサイド留学の島として知られる。
  • 映画「船を降りたら彼女の島」のロケ地[1]

交通

  • 野忽那港が唯一の島外との交通手段。
    • 中島汽船の、松山港(高浜港)からの東線の高速艇、カーフェリーが発着。
  • 島のすぐ東は瀬戸内海汽船石崎汽船が運航する広島〜松山の高速艇、カーフェリー航路となっている。石崎汽船の船舶は野忽那島と睦月島との間の海峡を通過することがある。

脚注

参考文献

  • 沢田俊子著『小さな島のちっちゃな学校』野忽那島シーサイド留学物語(汐文社2009年)ISBN 978-4-8113-8583-9
  • 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典38 愛媛県』角川書店、1981年、512頁、912頁

外部リンク