操作

遠藤胤城

遠藤 胤城(えんどう たねき、天保9年6月5日1838年7月25日)- 明治42年(1909年11月9日)は、近江三上藩の第6代藩主、和泉吉見藩主、三上藩遠藤家11代。明治11年(1878年)正月、遠藤氏の旧姓である東氏(とうし)を名乗った[1]。第5代藩主・遠藤胤統の三男。母は小谷氏。正室は堀親寚六女・教子[1]。子に東胤禄(長男)、東常任(次男)、娘・鍈子(酒井忠宝正室)、娘・富貴子(居初富三郎室)、娘・昭子(山田軍太郎室)[1]。官位は従五位下、美濃守、備前守、但馬守。死後に正三位。

生涯

摂津国大坂城玉造口(現・大阪府大阪市中央区玉造)にて生まれる。弘化2年(1845年)12月19日、父の養嗣子になっていた胤昌の養嗣子となる。しかし胤昌が家督相続せずに早世したため、安政3年(1856年)10月23日、祖父胤統の嫡孫となる。同年11月15日、将軍徳川家定に拝謁する。同年12月16日、従五位下美濃守に叙任する。文久3年(1863年)10月7日、父の胤統が隠居したとき、その孫として(実は息子だが)跡を継ぐこととなった。

幕末の動乱の中で、大坂城青屋口加番や講武所奉行を務めた。慶応2年(1866年)の第2次長州征伐では講武所の軍勢を率いて出陣している。慶応2年11月26日、陸軍奉行並に就任する。慶応3年3月1日、奏者番に就任する。慶応4年1月27日、恭順の姿勢を示さず、新政府に領地を没収される。同年5月29日、領地を返還される。

明治2年(1869年)6月23日、版籍奉還により藩知事となるが、翌年4月14日、藩庁を和泉吉見に移して吉見藩を新たに立藩した。明治4年(1871年)の廃藩置県で藩知事を免官となる。

明治11年(1878年)正月、遠藤氏の旧姓・東氏に改姓。明治17年(1884年)の華族令により同年7月8日、子爵を叙爵し[2]、明治42年(1909年)11月9日に72歳で死去した。

墓所

東京都台東区西浅草の長敬寺。青山霊園

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 『平成新修旧華族家系大成』下巻、135-136頁。
  2. 『官報』第308号、明治17年7月9日。

参考文献


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
三上東家初代
1884年 - 1909年
次代:
東胤禄

テンプレート:三上藩主