操作

豊臣秀長

豊臣秀長
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文9年3月2日1540年4月8日
死没 天正19年1月22日1591年2月15日
主君 織田信長秀信豊臣秀吉
氏族 木下氏羽柴氏豊臣氏

豊臣 秀長(とよとみ ひでなが / とよとみ の ひでなが)または羽柴 秀長(はしば ひでなが)

大和大納言ともいう。安土桃山時代の武将。豊臣秀吉の弟。竹阿弥の子という説もあるが,出生年から考えると矛盾が生じる。幼名,小竹。通称,小一郎。長秀,のち秀長と改めた。秀吉に従って軍功があり,但馬出石城主となり,天正 10 (1582) 年山崎の戦いののち,従五位下,美濃守に叙せられ,播磨,但馬2国を領し,姫路城主となった。同13年四国征伐の総大将となり,のち大和郡山城主となり,紀伊,和泉,大和を領し,同 14年従三位,参議,同 15年九州平定ののち従二位,権大納言に進んだ。常に秀吉の陰にあって補佐した。


先代:
-
大和豊臣家
初代:1585年 - 1591年
次代:
豊臣秀保


Rakuten 楽天市場検索: