actions

解説委員

テンプレート:Journalism 解説委員(かいせついいん、: news commentary)は、政治経済、国際情勢等の各分野を視聴者に解説するマスメディアの社員及び幹部の肩書。

概要

欧米、アジア、中東主要国のテレビ局にてニュース解説の特徴として、編集委員を置く場合、局として「オピニオン(主張)」を提言するために視聴者に対して意見を提示している。

日本の放送局においては、

義務として、公安・善良な風俗を害しない
政治的公平、報道は事実をまげない
意見が対立している問題はできるだけ多くの角度から論点を明らかにすること

放送法第4条 第1 - 4項

に違反しても罰則規定は無いが法に触れる為、放送局としての意見と規定せず、解説に限らず自らの個人の意見として解説する。また、社員ではあるが待遇は役員クラスのことが多く、NHK及び民間放送には政治、経済に限らず多くの分野を担当する解説委員が報道局内の解説委員室に所属しており、NHK、民放局問わず記者[注 1]アナウンサー、報道・情報ワイドショー)番組のプロデューサー出身である解説委員の人物もおり、中にはテレビ局の経営幹部の人間もいる。また、報道局制作の番組にて解説委員がメインキャスターを務める番組等も存在する。

主な解説委員

元職の記載役職は現職。●は委員長、○は元委員長。

NHK

日本テレビ

現職
  • 粕谷賢之 (取締役執行役員解説委員長)●
  • 袴田直希(取締役執行役員現:報道担当、元:報道局長・報道局解説副委員長・報道審査委員長)○
  • 青山和弘(政治部 副部長)
  • 小栗泉(政治部長、元:政治部 担当副部長)
  • 宮島香澄(経済部)
  • 横山武信
  • 清水潔(社会部、元FOCUS記者)
  • 庭野めぐみ(社会部)
  • 岸田雪子
  • 廣瀬祐子(専門部長)
  • 杉本敏也(報道局長・報道局解説副委員長・報道審査委員長)
  • 下川美奈(社会部)
元職

テレビ朝日

テレビ朝日では解説委員を「コメンテーター」と称して、2015年4月から報道局コメンテーター室が新設された。
元職

TBSテレビ

TBSテレビでは、解説委員の所属部署を「解説・専門記者室」という名称となっている。
現職
  • 岩城浩幸(主席、スペシャリスト局次長)
  • 川戸恵子(シニアコメンテーター)
  • 河本知之
  • 柴田秀一(アナウンサー)
  • 巡田忠彦(報道番組部担当部長)
  • 福島隆史
  • 齋藤泉
  • 牧嶋博子(社会部スペシャリスト部長)●
  • 桶田敦(科学・災害報道担当)
元職

テレビ東京

現職
元職

フジテレビ

2016年2月の組織改革により、解説委員室が廃止になり解説編集部となった。2017年7月に解説編集部から再び解説委員室となった。

現職
元職

毎日放送

現職
  • 奥田信幸
  • 三澤肇(東京支社報道部、元アナウンサー)
  • 宮前徳弘(スポーツ局、元スポーツ局ディレクター、プロデューサー)
元職

朝日放送

朝日放送では、ANNキー局であるテレビ朝日同様、解説委員を「コメンテーター」と称している
現職
元職

読売テレビ

現職
元職

東海テレビ

現職

CBCテレビ

CBCでは解説委員を「論説委員」と称している[注 3]
現職
元職

テレビ愛知

現職
  • 守安正樹(報道制作局長兼務)[6]
元職
  • 森瀬康文[7](当時:報道制作局長兼務、現:編成局長))○

RKB毎日放送

現職
  • 神戸金史(テレビ制作部長)
元職
  • 青山隆悦(役員待遇報道制作センター担当局長)○[8]

テレビ西日本

元職

札幌テレビ

現職
  • 萬谷慎太郎(取締役報道局長)●
  • 片野弘一(元NNNモスクワ支局長)

北海道文化放送

現職
元職

広島テレビ

現職

日経CNBC

現職
  • 西川靖志(制作本部長)●
  • 浅井佑美
  • 岡村友哉
  • 鎌田泰幸
  • 崔真淑
  • 後藤浩祐
  • 齋藤敏之(経済解説部長)
  • 桜庭薫(経済解説部次長)
  • 谷本有香

日本BS放送

現職

ニッポン放送

現職

時事通信社

現職
  • 山田惠資●
  • 田崎史郎(現:特別解説委員)○
  • 高橋正光(編集局総務兼務)
  • 長境克彦(取締役編集兼務)
  • 鈴木美勝(雑誌「外交」前編集長)
  • 佐々木真
  • 軽部謙介○
  • 明石和康○
  • 中川和之
元職
  • 加藤清隆(現:政治ジャーナリスト)○
  • 泉宏(現:政治ジャーナリスト、元取締役)
  • 石井正(現:時事総合研究所 客員研究員、株式会社Tryfunds顧問)

脚注

注釈

  1. 生え抜きでの記者及び新聞社、通信社から放送局に転職した記者も含む
  2. 報道情報局ニュースセンター所属
  3. 但し、部署としての肩書は「論説室解説委員」となっている

出典

関連項目