actions

西島秀俊


西島 秀俊(にしじま ひでとし、1971年3月29日 - )は、日本俳優東京都八王子市出身。クォータートーン所属。桐朋高等学校卒業、横浜国立大学工学部生産工学科中退。身長は178cm、血液型はA型

来歴

子どもの頃から映画好きで映画関係の仕事がしたいと考えていたところ、19歳の時に先輩の薦めで受けたオーディションに合格し俳優の道に進む[1]。 1992年、大学在学中に東京アクターズスタジオ第1期生、テレビドラマ『はぐれ刑事純情派5』で俳優活動開始。

1993年、テレビドラマ『悪魔のKISS』での新興宗教にハマる青年役や、最高視聴率31.9%を記録したテレビドラマ『あすなろ白書』での同性愛者役で注目を集め、翌年、萩原健一主演の映画『居酒屋ゆうれい』で映画初出演。

デビューから渡辺プロダクションに所属し、90年代前半には数多くのテレビドラマに出演したため人気を得たが、事務所が求めるアイドル路線と自身の目指す役者としての方向性の違いから事務所を移籍。それに伴い97年から02年までの期間は民放のテレビに出演していなかった[2]

1999年、役所広司と共演した『ニンゲン合格』で映画初主演を果たす。長い昏睡状態から突然目覚めて生き方を模索する青年役を演じ、第9回日本映画プロフェッショナル大賞・主演男優賞を受賞する。 2005年の映画『帰郷』では、昔の恋人に子どもの父親だとして子どもを預けられて困惑するサラリーマンを演じ、第15回日本映画プロフェッショナル大賞・主演男優賞、第20回高崎映画祭・最優秀主演男優賞を受賞。

2006年、宮崎あおい主演の連続テレビ小説純情きらり』で太宰治をモデルとした津軽弁の画家杉冬吾役をコミカルに演じ、お茶の間からの人気を得る。

2008年の映画『休暇』では癖のある死刑囚を演じ、第30回ヨコハマ映画祭・助演男優賞を受賞する。

2011年の映画『CUT』はイランの名匠アミール・ナデリ監督の作品で、第68回ヴェネチア国際映画祭のオリゾンティ・コンペティション部門オープニング作品・第36回トロント国際映画祭出品作品・第16回釜山国際映画祭出品作品である。これにより西島自身も数々の映画賞を受賞する。

2014年にはオリコン発表の「2014年ブレイク俳優ランキング」で第2位にランクインした[3]

私生活

2014年11月19日、3年間の交際を経て16歳下の一般女性と結婚することを発表[4]。 2016年4月は第1子となる男児が誕生した[5]

人物

受賞歴

  • 第9回 日本映画プロフェッショナル大賞 主演男優賞(1999年『ニンゲン合格』)
  • 第15回 日本映画プロフェッショナル大賞 主演男優賞(2005年『帰郷』『さよならみどりちゃん』『雨よりせつなく』)
  • 第20回 高崎映画祭 最優秀主演男優賞(2006年『帰郷』)
  • 第30回 ヨコハマ映画祭 助演男優賞(2009年『休暇』)
  • 第26回 高崎映画祭 最優秀主演男優賞(2011年『CUT』)
  • 第21回 日本映画プロフェッショナル大賞 主演男優賞(2011年『CUT』)
  • 第9回 TVnavi ドラマ・オブ・ザ・イヤー2012 最優秀助演男優賞(2013年『ストロベリーナイト』)[13]

脚注

  1. 男の履歴書DX 「西島秀俊」 |インライフ より
  2. 「民放5年間出演禁止」で干され続けた西島秀俊がブレイクした男前な理由!
  3. “2014年 ブレイク俳優ランキング”. オリコン. (2014年12月19日). http://www.oricon.co.jp/special/47525/ . 2014閲覧. 
  4. 西島秀俊が結婚発表、16歳年下の一般女性と 交際3年、近々入籍”. スポニチアネックス. スポーツニッポン. . 2014閲覧.
  5. “西島秀俊に第1子男児誕生「心より感謝」決意新た「仕事を一生懸命」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年5月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/03/kiji/K20160503012518300.html . 2016閲覧. 
  6. “西島秀俊、“心の師匠”ビートたけしと初共演に感激「宝のような時間でした」”. クランクイン!. (2015年10月27日). https://www.crank-in.net/news/39584/1 . 2018閲覧. 
  7. TBSラジオたまむすび(2015年1月16日放送)
  8. 東京フィルメックス・ホームページ
  9. 西島秀俊 驚異の肉体美育んだ「月5万円超」高級ジム通い【西島秀俊】」、『女性自身』第2572号、光文社2013年2月4日、. 2013閲覧.
  10. 西島秀俊、男子校時代の「暑苦しい思い出」に苦笑い”. シネマカフェ (2014年6月17日). . 2018閲覧.
  11. スクール!!』公式ホームページインタビューより(2011年1月掲載)
  12. 「八重の桜」現場で大人気の“西島カフェ””. 東スポ (2013年1月24日). . 2015閲覧.
  13. ドラマ・オブ・ザ・イヤー2012年間大賞”. 月刊TVnavi web. 産経新聞. . 2013閲覧.

外部リンク