操作

太宰治

太宰 治
(だざい おさむ)
ペンネーム 太宰治
誕生 津島 修治(つしま しゅうじ)
1909年6月19日
日本の旗 日本 青森県北津軽郡金木村
(現:五所川原市
死没 (1948-06-19) 1948年6月19日(39歳没)
日本の旗 日本 東京都北多摩郡三鷹町
(現:三鷹市
墓地 東京都三鷹市禅林寺
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京帝国大学仏文科中退
活動期間 1933年 - 1948年
主題 人間の心理
古典や説話のオマージュ
人間の宿痾
文学活動 無頼派新戯作派
代表作富嶽百景』(1939年)
走れメロス』(1940年)
津軽』(1944年)
お伽草紙』(1945年)
ヴィヨンの妻』(1947年)
斜陽』(1947年)
人間失格』(1948年)
デビュー作 「列車」
配偶者 津島美知子(1938年 - 1948年)
子供 津島園子津島雄二妻)
津島佑子
太田治子
親族 津島文治(兄)
津島淳(孫)
テンプレートを表示

太宰 治(だざい おさむ、1909年明治42年)6月19日 - 1948年昭和23年)6月13日

小説家。本名,津島修治。 1930年東京大学仏文科に入学,中退。井伏鱒二に師事。在学中共産主義運動の非合法活動に関連し,脱落後自殺未遂。 35年『逆行』『道化の華』『ダス・ゲマイネ』を発表して認められ,創作集『晩年』 (1936) ,『虚構の彷徨』 (37) ,『二十世紀旗手』 (37) を経て『駈込み訴へ』 (40) ,『走れメロス』 (40) などにより作家としての地位を確立。第2次世界大戦後は『トカトントン』 (47) ,『ヴィヨンの妻』 (47) ,『斜陽』『人間失格』など自意識崩壊の告白を綴って流行作家となった。典型的な自己破滅型の私小説作家であった。玉川上水で遺体が発見された6月 19日を命日に桜桃忌が営まれる。



Rakuten 楽天市場検索: