actions

花沢徳衛


花沢 徳衛(はなさわ とくえ、1911年10月18日 - 2001年3月7日)は、日本俳優。別表記;花澤 徳衛東京市神田区福田町(現在の東京都千代田区)生まれ。

来歴・人物

渋谷大向尋常小学校を5年で中退し、指物師として修行を開始(1932年には花沢美術家具研究所を設立)。1933年に洋画家を目指して大阪へ行き、斎藤与里に師事、家具職人をしながら洋画を勉強する。が、絵だけでは生計を立てることが出来ず、俳優を目指して1936年に京都のJ.Oスタジオ(後の東宝)の俳優養成所に入所。

1937年に『権三と助十』で映画デビュー。戦後は東宝争議に参加し、表門の防衛隊長を務めた。争議の終結後、フリーとなり、1950年の東京映画俳優協会の結成に尽力[1]

独立プロ作品に多く出演し、その後は『警視庁物語』シリーズで刑事役を演じた。

テレビドラマでは『おはなはん』の祖父役で全国的な人気を得る。

絵の腕前はプロ級で、美術展にも入選しており、自らの個展も開いていた。

2001年前立腺癌のため代々木病院で死去。89歳没。死に際し、山田洋次からは「自分の考えや感性を貫いており、いい意味の頑固な役がよく似合った、貴重な俳優だった」とコメントされるほど、頑固な中高年の役を得意としていた。

日本共産党の党員でもあり、党歴は50年を越えた(各種選挙で候補者の推薦人になったり、しんぶん赤旗紙上にたびたびコメントを載せたりもしていた)。

出演

映画

太字の題名はキネマ旬報ベストテンにランクインした作品

テレビドラマ

劇場アニメ

バラエティ

著書

  • 『花沢徳衛の恥は書き捨て』(1986年、新日本出版社)ISBN 978-4406013765
  • 『幼き日の街角』(1987年、新日本出版社)ISBN 978-4406015097
  • 『芝居は無学の早学問』(1994年、近代文芸社)ISBN 978-4773326185
  • 『脇役誕生』(1995年、岩波書店)ISBN 978-4000026277

出典

関連項目

外部リンク