actions

能古島

日本 > 九州地方 > 福岡県 > 福岡市 > 西区 > 能古島

能古島
座標 北緯33度37分15秒
東経130度18分12秒
面積 3.95(2010年10月) km²
海岸線長 12 km
最高標高 195.0(三角点の標高) m
所在海域 博多湾
テンプレートを表示

能古島(のこのしま)

残島,能巨島,乃古島とも書く。福岡県北西部,博多湾に浮ぶ島。最高点は 195m。福岡市西区に属する。玄武岩から成り,台地状の形状を示す。北端の也良 (やら) 岬には防人 (さきもり) がおかれた。江戸時代はウマが飼育され,中心地区の江ノ口 (えのくち) は米,陶磁器を大坂,北陸方面に送る廻船業で栄えた。現在は野菜栽培と漁業が主産業で,東岸の北浦,大泊は海水浴場,キャンプ場,アイランドパークなどがあり,観光施設も多い。玄海国定公園に属する。市営渡船がある。面積 3.93km2。人口 853 (1996) 。





楽天市場検索: