操作

聚楽第

聚楽第
京都府
別名 聚楽亭、聚楽城など
城郭構造 平城
天守構造 不明(諸説あり)
築城主 豊臣秀吉
築城年 1586年(天正14年)
主な改修者 豊臣秀次
主な城主 豊臣氏
廃城年 1595年(文禄4年)
遺構 移築
位置

聚楽第(じゅらくてい、じゅらくだい)

「聚楽亭」と書くことがあり,「じゅらくのてい」とも読み,「聚楽城」とも称する。天正 13 (1585) 年関白に就任した豊臣秀吉が,京都内野の大内裏跡に建てた邸宅。同 14年春に着工し,翌年9月完成した。秀吉隆昌期の所産で,四周を濠塁で囲み,このうえない豪華壮麗さで天下に威勢を示したといわれ,同 16年4月には後陽成天皇の行幸を仰いでいる (聚楽行幸記 ) 。同 19年 12月関白を養子秀次 (豊臣秀次 ) に譲り,聚楽第も秀次の居所となったが,文禄4 (95) 年7月秀次を高野山へ追って自殺させ,その8月聚楽第も秀吉の命で破壊された。その殿舎の多くは伏見城へ移された。大徳寺唐門,西本願寺飛雲閣および浴室にその遺構がみられる。桃山文化の代表的建築物である。

座標: 東経135度44分45秒北緯35.024937度 東経135.745964度35.024937; 135.745964 (聚楽第址石碑(西濠跡))



Rakuten 楽天市場検索: