操作

紀勢本線

JR logo JRgroup.svg 紀勢本線
所在地 三重県和歌山県
起点 亀山駅[1]
終点 和歌山市駅[1]
路線記号 W(新宮駅 - 和歌山駅間)
開業 1891年8月21日
全通 1959年7月15日[1]
所有者 東海旅客鉄道
(亀山駅 - 新宮駅間)
西日本旅客鉄道
(新宮駅 - 分界点間)
南海電気鉄道
(分界点 - 和歌山市駅間、施設貸主)
運営者 東海旅客鉄道(亀山駅 - 新宮駅間、第1種鉄道事業者)
西日本旅客鉄道(新宮駅 - 和歌山市駅間、第1種鉄道事業者)
路線距離 384.2 km
最高速度 130 km/h
テンプレートを表示

紀勢本線(きせいほんせん)

三重県亀山市亀山駅から津駅尾鷲駅新宮駅紀伊田辺駅を経て和歌山県和歌山市和歌山市駅に至る鉄道路線幹線)である。亀山駅 - 新宮駅間は東海旅客鉄道(JR東海)、新宮駅 - 和歌山市駅間は西日本旅客鉄道(JR西日本)の管轄で、JR西日本の区間のうち新宮駅 - 和歌山駅間には「きのくに線」という愛称が付いている[2]

概要

紀伊半島を海沿いに走る路線。全通したのは日本の幹線級の路線としては比較的遅く、1959年のことである。新宮駅を境に、東側のJR東海が管轄する区間は非電化であり、西側のJR西日本が管轄する区間は直流電化されている。

名古屋駅からは関西本線伊勢鉄道伊勢線を、京都駅新大阪駅からは東海道本線大阪環状線阪和線をそれぞれ経由して当路線へ特急列車が直通している。JR西日本管轄区間では、カーブを高速で通過可能な振り子式の車両が一部の特急列車で使用されている。

脚注







Rakuten 楽天市場検索: