操作

筑波大学医療技術短期大学部

テンプレート:大学 (廃止)学生募集は2002年度まで、2006年廃止。現在は筑波大学医学群看護学類・医療科学類となっている。

概要

大学全体

建学の精神(校訓・理念・学是)

教育および研究

  • 筑波大学医療技術短期大学部は看護と臨床検査技師の養成を執り行っていた。臨床実習は主に筑波大学附属病院にて行われていた。

学風および特色

  • 筑波大学に付設されるという形式をとって設立されたため、筑波大学に「学群・学類制」を設置することを定めた国立学校設置法第2章の2が適用されず、「学科制」を採用していた。

沿革

  • 1979年 筑波大学医療技術短期大学部開学。看護学科を置く(在学者数は女子85[1])。
  • 1980年 衛生技術学科を増設(在学者数は男子3、女子37[2])。
  • 2002年度をもって学生募集を終了。翌年度より筑波大学医学専門学群(看護・医療科学類)に改組。
  • 2006年3月 廃止。

基礎データ

所在地

  • 茨城県つくば市天王台1-1-1

象徴

教育および研究

組織

学科

  • 看護学科
  • 衛生技術学科

専攻科

  • なし

別科

  • なし

取得資格について

受験資格

学生生活

部活動・クラブ活動・サークル活動

  • 筑波大学医療技術短期大学部で活動していたクラブ活動は、概ね大半が筑波大学との混合となっていた。筑波大学も参照のこと。

学園祭

  • 筑波大学医療技術短期大学部の学園祭は「ゆりのき祭」と呼ばれ、筑波大学と合同で行われていた。筑波大学も参照のこと。

大学関係者と組織

大学関係者一覧

大学関係者

歴代学長

出身者

施設

キャンパス

  • 筑波大学筑波キャンパス内に短大校舎が設置されていた。

  • 筑波大学学生宿舎を利用することとなっていた。

系列校

卒業後の進路について

就職について

編入学・進学実績

参考文献

脚注

  1. 全国学校総覧 昭和55年度版』32頁
  2. 全国学校総覧 昭和56年度版』34頁
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 『筑波大学医療技術短期大学部 入学案内冊子2001』より

関連項目

関連サイト

テンプレート:日本の国立短期大学