操作

神の王国

神の王国(かみのおうこく、ギリシア語: βασιλεία τοῦ Θεοῦ, 英語: kingdom of God

1世紀30年ごろパレスチナで活動したユダヤ人宗教家ナザレのイエスの宣教における最重要概念である。この宗教概念はのちにイエスがキリスト教の開祖とされ、キリスト教が世界宗教となるに及んで、宗教、社会、政治などさまざまな分野に影響を与えた。


脚注



Rakuten 楽天市場検索: