actions

相武国造

相武国造(さがむのくにのみやつこ・さがむこくぞう)は、相模国東部を支配した国造武相国造と表記される場合もある。

概要

祖先

伊勢津彦(出雲神の子で、一説によると建御名方命の別名とされる。伊勢都彦とも。)の3世孫の弟武彦命が、成務朝期に相武国造に任じられたという。『古事記』に相武国造が日本武尊を焼き殺そうとして逆に攻め滅ぼされた記述がある。

氏族

漆部氏。または壬生氏はともに

本拠

相模国東部。現在の神奈川県東部。

氏神

寒川神社と思われる。

関連項目

参考文献

  • 『國史大辭典』(吉川弘文館)
  • 坂本太郎・平野邦雄『日本古代氏族人名辞典』(吉川弘文館)
  • 『日本史広辞典』(山川出版社)
  • 『神道大辞典』(臨川書店)