操作

生駒山

生駒山
標高 641.98 m
所在地 日本の旗 日本
奈良県生駒市菜畑町
大阪府東大阪市山手町
位置 東経135度40分44.29秒北緯34.6784528度 東経135.6789694度34.6784528; 135.6789694
山系 生駒山地
生駒山の位置
テンプレートを表示

生駒山(いこまやま・いこまさん)は、奈良県生駒市大阪府東大阪市との県境にある標高642mの生駒山地の主峰である。

概要

生駒山が記録に現れるのは日本書紀における神武東征の一節であり、神日本磐余彦尊長髄彦が山麓において激戦を繰り広げたとされる。一等三角点が置かれている山頂は奈良県側にある。山上には生駒山上遊園地が開設されている。山上・中腹には、大阪府・奈良県にある各テレビ局の京阪神と奈良県をカバーする送信所(生駒山テレビ・FM送信所)が別々に設置されている。かつては企業の保養所や別荘地として多くの建物が設けられていたが、現在はその多くが役目を終え廃墟となっている。

奈良県生駒市の近鉄奈良線生駒駅から、生駒鋼索線が通じているほか、信貴生駒スカイラインを利用すれば車で登ることができる。

登山道は、近鉄奈良線額田駅石切駅生駒駅近鉄けいはんな線新石切駅からのコースがある。

古くは役行者による鬼退治の伝説で知られ、山腹には現世信仰で知られる宝山寺を中心として、滝の修行場や祠など大小さまざまな宗教団体の施設が設けられ、宗教法人として届けられていないものも多くその総数は把握されていない。神社に関しては、奈良県側の山麓に生駒山の神を祀る往馬坐伊古麻都比古神社(往馬大社)が、大阪府側の山麓に「いしきりさん」で親しまれる石切劔箭神社や元春日とよばれる枚岡神社等がある。いわゆる霊山としてとらえる人もいる。

近鉄奈良線新生駒トンネル、近鉄けいはんな線生駒トンネル、及び第二阪奈有料道路阪奈トンネルが当山を東西に貫いている。

放送送信設備

<div style="width:構文エラー:「px」を認識できません。px; padding: 3px;border: 1px solid

  1. CCC; margin: 3px; float:left; clear:left;background:#F9F9F9;">
    生駒山の位置
    地形図。生駒山地と生駒山の位置関係

関連項目


テンプレート:大阪みどりの百選