操作

YS-11

YS-11

第2次世界大戦後,日本で初めて開発製造された中型ターボプロップ旅客機。 1957年輸送機設計研究協会が発足,開発計画が始まった。 YSは,この協会の輸送と設計の頭文字をとったもの。 1959年基礎設計が終わり,実機を製作するため日本航空機製造株式会社が設立された。試作1号機の初飛行は 1962年8月 30日。続いて同年 12月には2号機も飛んだ。就航は 1965年4月1日,日本国内航空の東京-徳島-高知線であった。 YS-11は全金属製,低翼単葉の双発プロペラ機で,旅客 60人乗り。エンジンはロールスロイス・ダート・ターボプロップ (3060馬力) 2。プロペラの直径を特に大きくし,離陸滑走路長 1110m,着陸 1100mと離着陸距離を短くしたのが特徴。全長 26.3m,全幅 32m,自重 15.4t,総重量 24.5t。速度は最大時速 600km,巡航時速 470km。航続距離 1200km。生産は 1973年 182機で打ち切られたが,日本国内では民間航空のほか自衛隊や海上保安庁が採用,国外へも 76機が輸出され,アメリカ合衆国,カナダ,ブラジル,アルゼンチン,ギリシア,フィリピン,インドネシアなどで使われた。



Rakuten 楽天市場検索: