actions

玖珠町

玖珠町(くすまち)は、大分県の中西部にあるである。玖珠郡に属する。

地理

玖珠町は、大分県の中西部、大分市の西側約60kmの場所に位置しており、南部はわずかに熊本県と接している。町域は九州山地に含まれており、多数のメサ盆地を取り囲む特徴的な景観を呈する。町域の多くは耶馬日田英彦山国定公園に指定されている。町の中心は久大本線豊後森駅付近。商店街、大型店、大分合同新聞社玖珠支局、玖珠土木事務所などが立地し、玖珠郡の中心となっている。

隣接する市町村

地名

  • 岩室、日出生、帆足、森(以上、旧森町)
  • 大隈、小田、塚脇、山浦、山田(以上、旧万年村)
  • 綾垣、太田、古後、山下(以上、旧八幡村)
  • 戸畑、四日市(以上、旧北山田村)

歴史

1601年(慶長6年)、来島長親が現在の玖珠町内に領地を与えられ、以後の江戸時代は来島氏(→久留島氏)を藩主とする森藩による統治が行われた。廃藩置県によって森県の県庁所在地となったが、すぐに大分県に編入された。

近現代

  • 1889年(明治22年)4月1日 町村制施行により、現在の町域にあたる玖珠郡森村・万年村・北山田村・八幡村が発足。
  • 1893年(明治26年)12月1日 森村が町制施行。森町となる。
  • 1927年(昭和2年)4月1日 万年村が町制施行。玖珠町となる。
  • 1955年(昭和30年)3月1日 森町・玖珠町・北山田村・八幡村が対等合併し、新町制による玖珠町が発足。

町政

町長

  • 町長:宿利政和(しゅくり まさかず、2018年1月31日就任、1期目)
    • かつて(1971年から)現衆議院議員の衛藤征士郎が町長を務めたことがある。
  • 町議会:定数16人

国政・県政

国政

衆議院小選挙区選挙では、大分2区に属する。直近の第47回衆議院議員総選挙2014年12月)での選出議員は以下のとおり。

なお、吉川元社会民主党)が比例で復活当選している。

県政

大分県議会議員選挙では、本町と九重町玖珠郡)とで一選挙区をなす。定数は1人。直近の第18回統一地方選挙2015年4月)での選出議員は以下のとおり[1][2]

  • 浜田洋 (自由民主党)

公共機関

国の行政機関

県の行政機関

  • 西部振興局玖珠事務所
  • 西部保健所地域福祉室
  • 玖珠土木事務所
  • 玖珠警察署

地域

人口

玖珠町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

教育

高等学校

中学校

町立

  • 森中学校
  • 日出生中学校
  • 玖珠中学校
  • 山浦中学校
  • 北山田中学校
  • 八幡中学校
  • 古後中学校

小学校

町立

  • 森中央小学校
    • 相之迫分校
  • 日出生小学校
    • 小野原分校
  • 塚脇小学校
  • 小田小学校
  • 杉河内小学校
  • 春日小学校
  • 北山田小学校
  • 八幡小学校
  • 古後小学校

交通

鉄道

中心駅は豊後森駅。

バス路線

路線バス

  • 大分交通グループ(玖珠観光バス) - 豊後森駅と九重町の宝泉寺温泉、中津市の深耶馬渓などを結ぶ路線を運行する。
  • 日田バス - 玖珠町内路線や、日田市・九重町など周辺各地への路線を運行する。
  • 玖珠町まちなか巡回バス「リラッくすバス」 - 町の中心市街地部を循環するコミュニティバス。玖珠観光バス・日田バスが運行する。
  • 玖珠町ふれあい福祉バス - 町の中心市街地以外の地域と中心市街地を結ぶ。白ナンバー車による運行。
  • 九重町コミュニティバス - 九重町が運行しており、町の中心市街地と九重町を結ぶ。白ナンバー車による運行。

高速バス

道路

高速道路

一般国道

県道

主要地方道

道の駅

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

百選

玖珠町出身の有名人

脚注

外部リンク

テンプレート:大分県の自治体