操作

朝倉市

あさくらし
朝倉市
地方 九州地方
都道府県 福岡県
団体コード 40228-1
面積 246.71km2
総人口 50,691[編集]
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 205人/km2
隣接自治体 久留米市うきは市嘉麻市
朝倉郡筑前町東峰村
三井郡大刀洗町
大分県日田市
市長
外部リンク 朝倉市
 表示 

朝倉市(あさくらし)

福岡県中部,三郡山地の南麓,筑紫平野の北東部に位置する市。北端の古処山から南端の筑後川右岸にかけて広がり,南東部で大分県に接する。 2006年甘木市,杷木町,朝倉町が合体。江戸時代秋月藩の城が置かれ,福岡と大分を結ぶ日田街道の宿場町として繁栄。近代に入ると製造業を中心に工場が進出した。主産業は筑後川の豊富な水量をいかした農業。南部の水田地域では稲作のほか施設園芸も行なわれる。丘陵地帯ではカキ,モモ,ブドウ,ナシなどの果樹や苗木の栽培が盛ん。名所も多く,普門院本堂は国の重要文化財。小田茶臼塚古墳,平塚川添遺跡,堀川用水および朝倉揚水車,杷木神籠石 (神籠石 ) は国の史跡。隠家森 (かくれがのもり) 久喜宮のキンメイチクは国指定天然記念物。カルスト地形の古処山には国指定特別天然記念物のツゲ原始林がある。付近には旧城下町秋月があり,かつての面影を残す武家屋敷の町並みが国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。筑後川の河岸には鵜飼いで知られる原鶴温泉がある。北部は筑後川県立自然公園に,東部は耶馬日田英彦山国定公園に属する。西日本鉄道甘木線,甘木鉄道の発着地点。国道 322号線,386号線,500号線が通じ,大分自動車道の甘木インターチェンジ,杷木インターチェンジ,朝倉インターチェンジがある。

外部リンク



Rakuten 楽天市場検索: