actions

猿投山

地理院地図 Googleマップ 猿投山の位置

猿投山(さなげやま)は、愛知県豊田市瀬戸市にまたがる標高629mである。

概要

三河高原の西端に位置し、愛知高原国定公園に含まれている。山頂には、東海自然歩道が通っている。

また古くから山嶽信仰巨石信仰の場として崇められてきた山でもあり、「この山で毒蛇にかまれ亡くなった」とされる大碓命陵墓がある。山麓には、大碓命が祭られている猿投神社がある。山頂には一等三角点が設置されている(点名は、猿投山。所在地は瀬戸市域)[1]

山頂まで行くルートとしては、主に猿投神社から北上するルートと雲興寺から南下するルートがあり、そのアクセスのしやすさや難易度から愛知県における高尾山的なポジションと言われ、登山客は比較的多い。

1962年には、全日本空輸ビッカース バイカウント機が、ふもとの国有林に墜落する事故を起こしている(全日空バイカウント機墜落事故)。

山名の由来

山麓の猿投神社の社蔵文書には、「景行天皇伊勢国へ赴いた際に、かわいがっていたが不吉なことを行ったので、へ投げ捨てた。そのが今の猿投山に籠もって住んだとされることから、"猿投"と呼ばれるようになった」とされている。

巨石 スポット

菊石

雲母花崗岩の結晶が球状での花の花弁のように見えることから、「菊石」と呼ばれている。「猿投山の球状花崗岩」の名称で国の天然記念物に指定されている。

御船石

「おふないし」と読む。花崗岩で出来ており、「祭神である大碓命が乗ってきたが、になった」という言い伝えがある。

カエル石

横から見るとカエルのように見えることから、命名された。なおこの石は、「古代の磐座(神社本殿にあたるもの)であった」とも言われている。

屏風岩

四角に切り落とされた屏風のように重なっている事から、そう呼ばれる。

お倉岩

三角柱の形をしている岩。

トロミル水車

サバ土から良質な陶磁器の原料を作るための水車。その昔、瀬戸焼の材料を作るのに使われていた。

映画・ドラマ

川口松太郎の小説を原作にした中村錦之助主演の映画獅子丸一平』の舞台となっている。物語は、「天皇の落胤である主人公"獅子丸一平"が、猿投の山神から武術を授けられて活躍する」というものである。またラジオ連続ドラマ、「新諸国物語」(川口松太郎・作)の舞台にもなっている。

地理

交通・アクセス

周辺

源流の河川

以下の源流となる河川は、伊勢湾三河湾へ流れる。

関連画像

大岩展望台  
猿投山・山頂  
山頂からの景色  
東の宮(猿投山)  
西の宮(猿投山)  
境内社の八柱社  
猿投山・休憩小屋  
御船石(猿投山)  

関連図書

  • 『新・こんなに楽しい愛知の130山』あつた勤労者山岳会/編、風媒社、2003年、ISBN 4-833-10107-6、pp42-43
  • 『改訂版 愛知県の山』 山と渓谷社、2010年、ISBN 978-4-635-02372-6、pp102-103

脚注

  1. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「kijun」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません

関連項目