actions

国道153号

ファイル:Route153 Umetsubo.JPG
愛知県豊田市東梅坪町付近

国道153号(こくどう153ごう)は、愛知県名古屋市から伊那谷を経由して長野県塩尻市に至る一般国道である。

概要

路線データ

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史

路線状況

バイパス

通称

街道名

名古屋市内においては、1984年(昭和59年)に市内の道路の愛称を公募した際、従来から用いられていた通称がそのまま道路の愛称として制定されている[6]

主な通り名

  • 葵町線(名古屋市東区、中区)
  • 若宮大通(名古屋市千種区)
  • 鏡池通(名古屋市千種区)
  • 安田通(名古屋市昭和区)
  • 花見通(名古屋市昭和区)
  • 中環状線(名古屋市天白区)
  • 豊田東西線(豊田市)

重複区間

  • 国道248号:豊田市挙母町1丁目交差点 - 挙母町1丁目北交差点
  • 国道256号:下伊那郡阿智村智里阿知川大橋 - 飯田市北方飯田インター西交差点
  • 国道419号:豊田市挙母町1丁目北交差点 - 豊田市陣中町1丁目北交差点
  • 国道420号:豊田市挙母町1丁目北交差点 - 豊田市足助町・足助大橋西交差点
  • 国道155号(豊田市東新町 - 豊田市・西町4丁目交差点)

道路施設

道の駅

地理

通過する自治体

交差する道路

主な峠

脚注

注釈

  1. 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. 2.0 2.1 2005年4月1日に豊田市へ編入。
  3. 2003年10月1日〜2005年3月31日は東加茂郡稲武町。
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 4.5 4.6 2015年4月1日現在
  5. 1959年4月1日に東筑摩郡塩尻町ほか4村が合併して塩尻市発足。

出典

  1. 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. . 2012閲覧.
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 8. . 2017閲覧.
  3. 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. . 2012閲覧.
  4. ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  5. 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)
  6. 『広報なごや』1985年(昭和60年)1月号 p11. 名古屋市鶴舞中央図書館

関連項目

外部リンク

テンプレート:国道153号