actions

毛利元賢

毛利元賢
時代 江戸時代中期
生誕 寛文10年6月14日1670年7月30日
死没 元禄3年5月21日1690年6月27日
幕府 江戸幕府
周防徳山藩
氏族 毛利氏

毛利 元賢(もうり もとかた)は、周防徳山藩の第2代藩主。就隆系毛利家2代。

初代藩主・毛利就隆の五男。母は中川重政の娘・禅海院。兄に毛利元次。正室は酒井忠直の娘。幼名は元丸。は初め元隆と名乗り、延宝7年10月10日1679年)に元賢と改名した。官位は従五位下日向守。

生涯

寛文10年(1670年)に江戸の三田邸で生まれる。3人の兄が早世し、四兄の元次が庶子だったために世子となる。延宝7年(1679年8月8日に父が死去したため、

同年10月13日に家督を継いだ。この時の元賢はまだ10歳と幼年であったため、桂賢恒(民部)、神村隆忠(将監)、粟屋木工らが相次いで当職となり、藩政を補佐した。

貞享2年(1685年7月30日元服して式部と称する。貞享4年(1687年6月、初めて徳山に帰り、10月に領内を巡視する。元禄元年4月1688年)、江戸に参勤し、12月26日に叙任する。

元禄3年(1690年)5月に病に罹り、5月21日に嗣子ないまま江戸の三田邸にて死去した。享年21。兄の元次が養嗣子となり跡を継いだ。法号は大陽院殿玉峰澄和大居士。墓所は山口県周南市舞車の大成寺徳山毛利家墓所と東京都港区愛宕青松寺

テンプレート:徳山藩主