actions

毛利元倶

毛利元倶
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 天正13年(1585年[1]
死没 正保2年3月14日1645年4月10日[2]
主君 毛利輝元秀就
長州藩
氏族 大江姓毛利氏

毛利 元倶(もうり もととも)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将長州藩の一門家老である右田毛利家の2代目当主。父は毛利元就の七男である天野元政[1]

生涯

天正13年(1585年)、毛利元就の七男である天野元政の子として生まれる。

寛永2年(1625年)、藩内の領地替えにより三丘から佐波郡右田に移る[1]。そのため右田毛利家と呼ばれ、宍戸家に次ぐ一門家老第二席の家格となる。元倶は藩主・毛利秀就に仕え、加判役、御国留守居を務めた。寛永5年(1628年)、領内に郷校時観園」を設立して学問を振興した。寛永12年(1635年)、家督を嫡男・元法に譲り隠居する。

正保2年(1645年3月14日に死去。享年61[2]

脚注

参考文献