操作

桑折町

こおりまち
桑折町
地方 東北地方
都道府県 福島県
伊達郡
団体コード 07301-6
面積 42.97km2
総人口 11,956
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 278人/km2
隣接自治体 福島市伊達市伊達郡国見町
宮城県白石市
外部リンク 桑折町

― 市 / ― 町・村

桑折町(こおりまち)は、福島県伊達郡にあるである。福島都市圏に属している。

概要

江戸時代以前は奥州街道羽州街道が交わる要所として栄え、明治以降は県都福島市衛星都市として親密な関係を築いている町である。

果物の生産が盛んな点が特徴で、質が高いことで知られているの一大産地福島県の中でも特に高品質な桃を提供することで知られている町で、20年以上連続で皇室宮家への献上桃として指定を受けている。そのことから桑折は「献上桃の郷」と呼称している。リンゴの品種である「王林」発祥の地でありリンゴの生産も盛んである。

隣接する福島市および桑折町を含む伊達エリアとの合併構想が幾度となく議論されている。

地理

町の北西の半分が山地および丘陵地で、東半分と南部が阿武隈川沿いの福島盆地にある。町の北西には半田山があり、周辺を水源とするいくつかの河川が、町の南東部を流れる阿武隈川にむかって流れる。

人口

桑折町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

歴史

行政

  • 町長:高橋 宣博

観光

提携都市

教育

高等学校

中学校

  • 桑折町立醸芳中学校

小学校

  • 桑折町立醸芳小学校
  • 桑折町立半田醸芳小学校
  • 桑折町立睦合小学校
  • 桑折町立伊達崎小学校

交通

ファイル:Koori-oiwake.jpg
桑折追分。左が羽州街道、手前と右が奥州街道

国道4号東北本線など、主要な幹線が南北に伸びているので交通の便は良い。東北自動車道が通過するが町内にICはなく、最寄りのICは隣接する国見町の国見ICである。江戸時代には羽州街道奥州街道から分岐する追分で、江戸と出羽国を行き来するには桑折宿を経由するのが普通だった。しかし明治時代になると白石や米沢を回る道のほうが重視されるようになった。現在羽州街道にほぼ相当する国道13号は、奥州街道に相当する国道4号から福島市内で分岐し米沢市へと西進しているため、当町を経由していない。

鉄道

バス

道路

国道
福島県道

経済

企業

著名人

出身者

関連項目

外部リンク

行政
観光