操作

柿田川

柿田川
水系 一級水系 狩野川
種別 一級河川
延長 1.2 km
水源 柿田川公園の「わき間」(湧水)
河口・合流先 狩野川合流点
流域 日本の旗 日本 静岡県駿東郡清水町
テンプレートを表示

柿田川(かきたがわ[1]、かきだがわ[1])は、静岡県駿東郡清水町を流れる狩野川水系一級河川。全長は約1.2kmで[2]日本で最も短い一級河川である[3]。かつては泉川、周辺地域は泉郷と呼ばれていた[2]。大量の湧水を水源とする日本でも稀有な川である[4]

本河川は、長良川四万十川とともに日本三大清流に数えられている。1985年(昭和60年)柿田川湧水群として名水百選に選定された[5]。さらに国の天然記念物にも「地質鉱物」の枠で指定された[6]。これは民間の企画であるが、日本の秘境100選にも選定されている。

概要

ファイル:Kakitagawa Park Second Observation Deck.jpg
わき間(第2展望台より)。かつて紡績工場が井戸として利用していたもの。
ファイル:Kakitagawa Park First Observation Deck 2.jpg
わき間(第1展望台より)。湧き出す水により砂が絶えず動く。

柿田川は清水町伏見にある柿田川公園の「わき間」からの湧水に源を発し南へ流下、清水町役場付近で狩野川に合流する。流水はほぼ全量が湧水から成り、これは富士山への雨水や雪どけ水が三島溶岩流に浸透し、その先端部から湧き出でたものである[2]。清流で知られ、水温は季節を問わず15℃前後。流量も年間を通してほぼ一定を保っている。当河川特有の水中植物としてミシマバイカモが自生している。

かつては豊富な湧水を求めて工場が進出、排水のたれ流しにより水質が悪化し、魚も住めない状態になった。1970年代には護岸のため、部分的に川縁がコンクリートに覆われるなどしたが、1980年代には地元有志によるナショナルトラスト運動が始まり、工場の移転運動や清掃活動が行われ、カワセミ等も生息する環境が残された。現在もトラスト地の買い上げが続けられている。

柿田川湧水群

柿田川の湧水量は1日約100万m3[7]。根拠は不明だが東洋一の湧水量と言われてきた。湧水は上水道用水にも利用され、清水町のみならず、周辺の沼津市三島市長泉町などにも送水されている。ただし水利権は沼津市水道部が持っている。

施設

柿田川公園
1986年(昭和61年)4月に柿田川の上流部に開園した公園[8]。園内には水が湧き出る「わき間」を観察できる展望台や、柿田川を眺められる遊歩道が整備されている。
泉の館(高野邸)
柿田川公園の東に接する憩いの場である。名水を使った蕎麦豆腐などの飲食店がある。湧水を汲んで持ち帰ることもできる。

柿田川の風景

脚注

  1. 1.0 1.1 『日本の地名がわかる事典』講談社)(コトバンク 柿田川による)2016年1月2日閲覧。
  2. 2.0 2.1 2.2 出典 : 柿田川の生い立ち - 沼津河川国道事務所
  3. 出典 : 地図の活用 地形図で読む環境 柿田川 - 国土地理院
  4. 出典 : 柿田川の自然 - 沼津河川国道事務所
  5. 出典 : 柿田川湧水群 - 名水百選 - 環境省
  6. 出典 : 天然記念物に指定する件 (平成23年文部科学省告示第142号) 『官報』 平成23年(2011年)9月21日 号外第205号 p.8, p.11
  7. 出典 : 柿田川の自然 - 国土交通省沼津河川国道事務所
  8. 出典 : 柿田川情報 - 清水町、2012年12月31日閲覧


関連項目

柿田川と同じく富士山の湧水に関する地理項目

外部リンク

座標: 東経138度54分2秒北緯35.1069472度 東経138.90056度35.1069472; 138.90056