操作

柴田町

しばたまち
柴田町
地方 東北地方
都道府県 宮城県
柴田郡
団体コード 04323-1
面積 54.03km2
総人口 39,138
推計人口、2018年6月1日)
人口密度 724人/km2
隣接自治体 岩沼市角田市
柴田郡大河原町村田町
亘理郡亘理町
外部リンク 柴田町

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

ファイル:Funaoka view.jpg
船岡城址公園から見る柴田町中心部(船岡地区)の街並み

柴田町(しばたまち)は、宮城県南部の仙南圏に位置するである。

概要

宮城県の南部に位置する町であり、県の地域区分では仙南圏に含まれるが、経済的な都市圏基準では仙台都市圏に含まれる。南西部の白石川沿いに船岡盆地、東部の阿武隈川沿いに槻木盆地があり、両盆地が主要な可住地となっている。

江戸時代の船岡盆地には、白石川左岸(北岸)に奥州街道・船迫宿、白石川右岸(南岸)に船岡城および船岡城下町があり、槻木盆地には奥州街道・槻木宿があった。両盆地を中心とする地域が明治の町村制でそれぞれ槻木村・船岡村となり、戦後に合併して柴田町が成立した。

JR東北本線船岡駅の南側の旧城下町周辺地域が旧来からの町の中心部であるが、国道4号柴田バイパス沿いに大型ロードサイド店舗が建ち並んでいる。市街地は西側に隣接する大河原町コナーベーションしており、国道4号大河原バイパス沿いが柴田郡の中心商業地化して商圏が当町にも及んでいる。町内の大規模施設としては、第一海軍火薬廠跡地に誘致された船岡駐屯地仙台大学、工場などがある。

伊達騒動での主要人物である原田甲斐こと原田宗輔の城下町として知られる。また、白石川堤一目千本桜および船岡城址公園の名所として知られ、開花期には多くの観光客が集まる。

地理

歴史

なお、弘化2年(1845年)発刊の杜撰子誌「奥陽名数」では、仙台城下町の町名の1つに柴田町との記載があり、1884年(明治17年)頃の「陸前国仙台区各村町調書」(宮城県各村字調書)には、表柴田町および裏柴田町として現れる[1]。現在でも仙台市若林区宮城県仙台第一高等学校の東側に、表柴田町および裏柴田町は並走する町名として残る。仙台城下町の町名に大河原町があり、大河原村(現大河原町)との関係が判っているが、表柴田町および裏柴田町と当町との関係については不明である。

行政

経済

産業

郵便局

姉妹都市・提携都市

伊達市は、戊辰戦争後に当地の仙台藩家臣が集団移住した地である[2][3]

地域

人口

柴田町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

健康

  • 平均年齢:41.11歳

教育

大学

高校

中学校

小学校

  • 柴田町立槻木小学校
  • 柴田町立柴田小学校
  • 柴田町立船迫小学校
  • 柴田町立東船岡小学校
  • 柴田町立船岡小学校
  • 柴田町立西住小学校

特別支援学校

交通

鉄道

道路

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

観光

  • 船岡城址公園(桜の名所、船岡城跡)
    同公園には山本周五郎作「樅ノ木は残った」のモデルになった樅木がある。もみの木は町の木に指定されている。
  • 白石川堤一目千本桜(桜の名所)
    隣の大河原町から続く約8km、約1200本の桜並木で有名。桜の季節(例年4月中旬が見頃)には花見客の為に東北本線大河原 - 船岡の徐行運転が行われる。
  • 船岡城址公園と白石川堤一目千本桜は宮城県で唯一日本さくら名所100選に選ばれている。サクラは町の花に指定されている。
  • 麹屋コレクション

レジャー

  • 自然休養村「太陽の村」
  • 表蔵王国際ゴルフクラブ

祭り

  • しばた桜まつり
  • しばた紫陽花まつり
  • しばた曼珠沙華まつり
  • みやぎ大菊花展柴田大会

記念物

出身有名人

その他

  • しばた100選 - 町制60周年を記念して100の地域資源を選考[4]

脚注

注釈

出典

関連項目


外部リンク