actions

東邦電力

東邦電力株式会社
Toho Electric Power Company, Limited.
種類 株式会社
略称 東邦・邦電
本社所在地 日本の旗 日本
東京市麹町区丸ノ内1丁目6番地
東京海上ビル
設立 1921年(大正10年)10月18日
(関西電気株式会社として成立)
1922年(大正11年)6月26日
(関西電気より東邦電力へ社名変更)
業種 電気
事業内容 電気供給事業
歴代社長 伊丹弥太郎(1922 - 1928年)
松永安左エ門(1928 - 1940年)
竹岡陽一(1940 - 1942年)
資本金 2億6100万円(全額払込済)
株式数 522万株(額面50円払込済)
総資産 5億581万4千円
収入 6220万1千円
支出 5056万6千円
純利益 1163万5千円
配当率 年率8.0%
決算期 4月末・10月末(年2回)
主要株主 千代田生命保険 (3.42%)、帝国生命保険 (3.32%)、明治生命保険 (2.86%)、東京海上火災保険 (1.02%)

東邦電力株式会社(とうほうでんりょく かぶしきかいしゃ、英文社名:Toho Electric Power Company, Limited.[注釈 1])は、大正から昭和戦前期にかけて存在した日本の電力会社である。当時の大手電力会社、通称「五大電力」の一つ。

愛知県名古屋電灯福岡県九州電灯鉄道という2つの電力会社を主たる前身とする。名古屋電灯の後身関西電気と九州電灯鉄道が1922年(大正11年)5月に合併し、同年6月に関西電気から社名を変更したことで成立した。中部九州両地方の中核電力会社として発展し、最終的に中部・関西四国・九州にまたがる14府県に供給区域を広げた。

1942年(昭和17年)4月に解散。発電所や供給区域はその後の再編で分割され、中部電力関西電力四国電力九州電力の4社に継承された。

脚注

  1. または「The Toho Electric Power Company, Limited.」。英文社名は外債などで使用されたが定款には記載されていない。