操作

東京湾岸道路

国道16号標識

東京湾岸道路(とうきょうわんがんどうろ)は、千葉県東京都神奈川県東京湾沿いに走る延長約160kmの道路である。湾岸道路または湾岸と略されることもある。

中・長距離利用目的の専用部(自動車専用道路)と短・中距離利用目的の一般部(一般道路)により構成されている。この道路は首都圏の放射道路環状道路という性格を併せ持ち、京葉・京浜地域の交通を支える大動脈となっている。

現在、専用部の一部が東関東自動車道首都高速湾岸線横浜横須賀道路として供用されており、一般部は国道16号国道14号国道357号として供用されている。また、並行して「第二東京湾岸道路」が計画中である。

東京湾岸道路のうち、自動車専用道路である首都高速湾岸線の東京都区間(延長32km)は、1987年(昭和62年)8月10日に旧建設省と「道の日」実行委員会により制定された日本の道100選の一つにも選ばれている[1]

概要

構成される道路

専用部は横浜横須賀道路の一部を除くと6車線で供用しており、横浜ベイブリッジ付近の一般部は暫定2車線で2012年9月現在供用中である。また、東京港トンネル(一般部)などが現在事業中である。なお、現在までに供用されている区間は一般部約99km、専用部約95km、重複除き延べ約140Kmであり、残り約20kmが事業中である。

脚注

  1. 「日本の道100選」研究会 『日本の道100選〈新版〉』 国土交通省道路局(監修)、ぎょうせい、2002-06-20。ISBN 4-324-06810-0。

関連項目

外部リンク

専用部

一般部


テンプレート:国道357号