操作

東カリブ・ドル

East Caribbean dollar
ISO 4217
コード
XCD
中央銀行 東カリブ中央銀行
 ウェブサイト www.eccb-centralbank.org
使用
国・地域
テンプレート:AIA
テンプレート:ATG
テンプレート:GRD
テンプレート:KNA
テンプレート:LCA
セントビンセント・グレナディーンの旗 セントビンセント・グレナディーン
テンプレート:DMA
テンプレート:MSR
補助単位
 1/100 セント
通貨記号 $またはEC$
硬貨
 広く流通 1, 2, 5, 10, 25セント、1, 2ドル
紙幣 5, 10, 20, 50, 100ドル

東カリブ・ドル(ひがしカリブ・ドル、英語:East Caribbean dollar)は、東カリブ諸国機構東カリブ通貨同盟で発行され、カリブ海の8つの国家地域で使用されている通貨ISO 4217 通貨コードは、XCDである。

英語名が「East Caribbean dollar」なのでしばしばECドルとも呼ばれる。

使用地域のうち、アンティグア・バーブーダドミニカ国グレナダセントクリストファー・ネイビスセントルシアセントビンセントおよびグレナディーン諸島の6つは独立国であり、残りのアンギラモントセラトイギリスの海外領土である。

東カリブ・ドルは、セントクリストファー・ネイビスにある東カリブ中央銀行で発行される。1983年7月5日ポートオブスペインで調印された条約(東カリブ中央銀行条約)に基き、すでにあった東カリブ通貨機関の後継としてこの銀行は設立された。つまり、西インド連邦諸国で使われていた西インド諸島ドルの後継の通貨である。

アメリカ合衆国ドルペッグしており、為替レートは1米ドル=2.70東カリブ・ドル(1976年7月7日より固定)。

テンプレート:ドル