actions

新幹線0系電車

新幹線0系電車(しんかんせん0けいでんしゃ)

日本国有鉄道(国鉄)が1964年昭和39年)の東海道新幹線開業用に開発した、初代の営業新幹線電車

1964年(昭和39年)から1986年(昭和61年)まで38次にわたり、改良を重ねつつ総計3,216両が製造された。世界ではじめて200 km/h を超える営業運転を達成し、航空機に範をとった丸みを帯びた先頭形状と、青と白に塗り分けられた流線形の外観で、初期の新幹線のイメージを確立した。1965年(昭和40年)、第8回鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞。

1964年の開業から、東海道・山陽新幹線用として足かけ44年にわたって運用されたが、2008年平成20年)11月30日定期営業運転を終了、翌月2008年12月14日さよなら運転をもって営業運転を終えた(2009年まで新下関乗務員訓練センターで訓練用車両として利用されていた)。

脚注