actions

常総

常総(じょうそう)とは、常陸国下総国の併称のことである。広義では茨城県千葉県を指し、狭義では茨城県の南西部を指す。後者の場合、特別な定義はないが、現在では守谷市つくばみらい市取手市常総市2006年水海道市から改称)で使われることが多い(常総ニュータウン常総運動公園、常総広域地区など)。前者の場合は「東関東」という呼称も用いられる。

常総の地理学者

常総では、江戸時代に多くの地理学者が輩出されており、近代以降の茨城県域には飯塚伊賀七木村謙次鷹見泉石長久保赤水沼尻墨僊山村才助[1]、千葉県域には伊能忠敬などがいる。これは、江戸水運で結ばれていたことから蘭学などが入ってきやすい環境にあったことや、河川の氾濫などの災害から生活を守るために正確な地理空間情報が必要だったことなどに理由を求めることができる[2]

参考文献

  • 木塚久仁子(2012)"江戸時代、常総地方に地理学者が多かったのはなぜ"石塚眞 編著『茨城県謎解き散歩』(新人物文庫2012年1月11日、287pp. ISBN 978-4-404-04128-9):247-249.

脚注

  1. 木塚(2012):247 - 248ページ
  2. 木塚(2012):248 - 249ページ

関連項目