actions

小川真司


小川 真司(おがわ しんじ、1941年[1]2月19日 - 2015年3月7日[2])は、日本男性俳優声優ナレーター。本名は小川 治彦(おがわ はるひこ)[3][4]。死去時点での最終所属先はヘリンボーンであった。

東京府東京市出身。東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)卒業。血液型はO型。

生涯

大手企業の社長の息子として生まれ、後に等々力に移住した[5]

少年時代は可愛らしい顔だったためカメラマンにスカウトされ、小学1年から3年まで『太陽少年』という少年誌の表紙モデルをやっていた。また、小学生から中学生になるまでクラシック・バレエを習っていた[5]

その後、作曲家を目指すが才能がないと思い断念し、普通の仕事に就くつもりだったが、高校を卒業するときに友人である河内桃子の妹に、俳優座養成所の卒業公演に招待され観に行ったところ、華やかで楽しそうだと感じ、父親に反対されながらも援助はいらないと説得して、大学進学よりも劇団に入ることを選んだ。そして俳優座に受かり、養成所に入る。当時は映画全盛期の時代で、映画俳優がテレビに出たがらなかったため、養成所の新人を探していたテレビ局関係者から抜擢ばってきされ、石坂洋次郎原作の青春ドラマ『寒い朝』で十朱幸代の相手役としてデビューした[5]

養成所卒業後は文学座に入ろうとしたが、その年に文学座が劇団員をとらなかったため、小沢昭一が結成した俳優小劇場に入団する。その劇団には大塚周夫小山田宗徳が在籍しており、小川自身も吹き替えの仕事に呼ばれていたが、ほとんどが少年役で、地声が低くダメ出しされることが多かったため吹き替えの仕事は断っていた。30歳を過ぎてから大人役が増え、『華麗なる世界』の吹き替えを1年間やり遂げた。それからは声の仕事でも活動するようになった[5]

2014年秋頃からの違和感を訴えて体調を崩し、入退院を繰り返しながらレギュラー出演していた『クリミナル・マインド FBI行動分析課』の吹き替え収録などの役者活動を継続していたが、2015年月に深刻な体調不良により全ての持ち役を降板[6]、この頃には、もう既に意識はあったが、ほとんど食事が取れなくなっているほど衰弱していた。2月15日以降は会話を交わすこともできないほど衰弱した。同年3月7日、器質化肺炎のため死去[2][7][8]。74歳没。葬儀は近親者のみで執り行われた。お別れの会などは開かれなかった。

人物

芸歴:俳優座俳優養成所、劇団俳優小劇場、無名塾青二プロダクション紅屋25時大沢事務所、ヘリンボーン(最終所属)。

妻は無名塾の後輩で女優、ビーズジュエリー・アーティストの原陽子。俳優の小川ゲンは息子[7]

多数の洋画作品で吹き替えを担当しており、俳優ではマイケル・ダグラス[4]をはじめ、ダスティン・ホフマン[9]ロバート・デ・ニーロ[4]ティモシー・ダルトンサム・ニールマイケル・ケインなどの吹き替えを多く担当していた。映画『バットマン ビギンズ』ではソフト・地上波放送合わせて3パターンある吹き替え版に全て出演している。

長年担当したマイケル・ダグラスに関しては「演じていて楽しいですし、感心する」と語っており、息遣いやタイミングなど演技をする際にはつかみやすいと語っている。小川自身は悪役の吹き替えは楽しいと語り、特に異常な役を演じることが楽しいと語った[5]

代役・後任

2015年2月、体調不良を理由に出演予定だった作品を降板し、出演中だった作品も代役が立てられた。また、2015年1月に『エクソダス:神と王』の吹き替え版にキャスティングされていたが[10]、出演することは叶わず[11]、どの役柄で出演予定であったかは不明である。

出演

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ

映画

テレビアニメ

テンプレート:Dl2

劇場アニメ

テンプレート:Dl2

OVA

テンプレート:Dl2

ゲーム

テンプレート:Dl2

吹き替え

担当俳優

テンプレート:Dl2

映画(吹き替え)

ドラマ

アニメ

その他

デジタルコミック

ナレーション

ラジオ

  • マッハの恐怖(ドラマ)(NHK
  • 宇宙英雄物語(ドラマ)(ロジャー・アドレアン・グリフィス)(2012年4月 - 2015年2月)
  • 補足:宇宙英雄物語ラジオドラマ ACT.1 ACT.2 ACT.3 として、各2枚組CDでリリース

テレビ番組 

CD

脚注

注釈

  1. 石塚も2018年8月に死去。その後は土師孝也へと引き継がれた。

出典

  1. 『日本音声製作者名鑑2007』 小学館、2007年。ISBN 978-4095263021。
  2. 2.0 2.1 小川真司氏が死去 マイケル・ダグラスやデ・ニーロの吹き替え担当”. サンケイスポーツ (2015年3月12日). . 2015閲覧.
  3. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「seiyumeikan」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  4. 4.0 4.1 4.2 “声優の小川真司氏死去”. 時事ドットコム (時事通信社). (2015年3月12日). オリジナル2015年3月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150324171205/http://www.jiji.com/jc/zc?k=201503/2015031200410 . 2015閲覧. 
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 5.4 小川真司. TV放送吹替版のダルトン=ボンドの声 〜小川真司 スペシャル・インタビュー〜. インタビュアー:とり・みき. 声優・吹替制作スタッフ・インタビュー, 007 TV吹替初収録 特別版DVDシリーズ.. http://www.007fukikae.com/interview/005.html . 2018閲覧. 
  6. 6.0 6.1 血界戦線』公式アカウントによる2015年2月12日のツイート、. 2015年3月15日閲覧.
  7. 7.0 7.1 声優の小川真司さん死去、74歳”. デイリースポーツ (2015年3月12日). . 2015閲覧.
  8. “俳優の小川真司さん マイケル・ダグラスの吹き替えなどで活躍”. スポーツニッポン. (2015年3月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/03/12/kiji/K20150312009966390.html . 2015閲覧. 
  9. “マイケル・ダグラスなどの吹き替えを担当 声優の小川真司氏が死去”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2015年3月12日). http://www.sankei.com/entertainments/news/150312/ent1503120004-n1.html . 2015閲覧. 
  10. 映画『エクソダス:神と王』日本語版で杏がモーゼの妻役に”. ニュース@ぴあ映画生活. . 2015閲覧.
  11. エクソダス:神と王【話題のふきカエ】”. ふきカエル大作戦!. 2015年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2015閲覧.
  12. キャスト”. クリミナル・マインド9 FBI行動分析課 公式サイト. . 2015閲覧.
  13. CHARACTER”. TVアニメ『血界戦線』公式サイト. 2015年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2015閲覧.
  14. “『機動戦士ガンダムNT』BD特装限定版&豪華版特典ドラマCDの試聴動画公開! あわせてリディ・マーセナス役の声優・浪川大輔さんからコメント到着!”. アニメイトタイムズ. https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1555919383 . 2019閲覧. 
  15. 「クロサギ」逢坂良太主演のムービーコミックがスマホで”. コミックナタリー (2014年2月10日). . 2014閲覧.

関連項目

外部リンク